神様の御用人2 (メディアワークス文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / アスキー・メディアワークス
4.13
  • (5)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (169ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第二巻

    今回も良彦とモフモフのコンビで、問題解決していく御用人。
    主人公の良彦が等身大で描かれており、背伸びしていないところに好感がもてる。
    連作短編で話が進んでいくのでとても楽しい。個人的には貧乏神の章で疫病神との掛け合いが特に楽しかった。
    新しくヒロインが出てきたので、次の展開も興味深い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

浅葉なつ(あさば なつ)
2010年「空をサカナが泳ぐ頃」で第17回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞受賞、同作でデビュー。2013年に刊行された『神様の御用人』がシリーズ化され、コミック化されるヒット作・代表作となった。
その他代表作に、『山がわたしを呼んでいる!』『サクラの音がきこえる―あるピアニストが遺した、パルティータ第二番ニ短調シ』など。

神様の御用人2 (メディアワークス文庫)のその他の作品

浅葉なつの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする