魔道師の月 (創元推理文庫) [Kindle]

著者 :
  • 東京創元社
3.78
  • (0)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (307ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ダメな魔道師の登場に初めは馴染めなかったが、徐々にその人となりが分かってくるに従って、馴染んでいく。
    本がないと魔法が発動できない設定も面白いが、少しまどろっこしい気もする。
    本題は人の欲望を煽って、最終的に破滅に導く樹と主人公である魔道師との闘い。その力に対抗するために、それと過去に闘った人の物語を生き、過去を旅する主人公。その体験により、成長していく。もう一人、大地の魔道師がひょんなことから一緒に闘う仲間となる。そして、謎を解き明かし、その樹を遂には封じるのだが。
    物語は紆余曲折があり、物語の進みは遅いながらも最後まで読ませるが、終盤にいっぺんに結末に持っていかれた感じがするところが、少し残念。
    十二国記や守り人シリーズが好きな人にはあうと思う。

  • ファンタジーはいまいち好みではないのだが、Kindleのセールで買ってみた。
    初めて読んだ著者。正統派ファンタジーである。
    禍々しい太古の闇と戦う魔道師二人の物語で、四百年前のエピソードもかなりの分量を占めているので話がどこにいったか混乱することもあった。しかし世界観や魔法の成り立ちなどもしっかりしているし、文章がすっと頭に入ってくるので、かなり物語に入り込んで読むことができた。
    シリーズのようなので他の作品も読んでみたい。

  • 夜の写本師のスピンオフでしょうか。
    長編読みとしては、ひとつながりのシリーズものとして読了。
    オーリエラント世界に少しはまってきた。

全3件中 1 - 3件を表示

魔道師の月 (創元推理文庫)のその他の作品

魔道師の月 単行本 魔道師の月 乾石智子

乾石智子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乾石 智子
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

魔道師の月 (創元推理文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする