屍者の帝国 (河出文庫) [Kindle]

  • 河出書房新社
3.30
  • (5)
  • (15)
  • (22)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 182
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (405ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 伊藤計劃三部作という気持ちで読み始めたが、少し読み進めた時点で彼のエッセンスを残しながらも円城塔作品なんだなあと実感して意識が切り替わったような気がした。円城塔は「道化師の蝶」のイメージが強かったので、彼がこれほどエンターテイメント性の強い作品も書けたのだと言う事に少し驚いた。綿密に練り上げられた設定と目の離せない巧みな展開に引き込まれ、時折織り込まれる歴史や先行作品の小ネタ、『ディファレンス・エンジン』の影響などにニヤリとさせられたのも印象的だった。

  • 難しくよくわからん

  • とりとめもなく屍者の帝国読了後の感想を書いてみたいと思います。寝ぼけながら読んでしまった部分もあるので、小説の内容に対してピントが合っていない部分があるかもしれませんが、ご了承ください。

    ザ・ワンが菌株と呼んだXを、私なら遺伝子と呼びたいです。遺伝子はある意味で言葉でもあります。

    遺伝子はDNAという物質に書かれた情報であり、ACGTの四文字で構成されます。文字で表せる以上、それは一つの文章とも言えます。遺伝子音楽というものもあります。
    ただ、人の魂をDNAだとしてしまうとあまりにも人を物質として見過ぎですし、実際に小さなウイルスは化学式で表せるレベルで物質扱いされていることもありますが、ともかく、人の魂はX=遺伝子+言葉、あたりに表現しておきたいです。主人公のワトソンくんが医学生かつ物書きなのでそう表現するのも面白いと思います。

    Xが遺伝子だというのは、ザ・ワン=チャールズ・ダーウィンの長々とした説明からそう思ったのもありますが、菌株の拡大派というものが存在するというところからそのように思いました。
    菌株の拡大派、それって癌そのものではないか。
    本来の細胞周期から外れて、無尽蔵に増え続け、正常な細胞を圧迫し、個性を持たない癌細胞(の遺伝子)。それと本作に登場する「屍者」との間には類似性があるように感じます。
    ちなみに、20世紀の半ばにDNAが二重らせん構造を取ることを証明した人たちにもワトソンって人がいます。こちらはワトソンはワトソンでもジェームズ・ワトソンですがwww(円城さんがあやかった可能性はいかばかりか)

    このように考えて、本作の最終局面を考慮すると、死をなかったことには出来ないけれど、死を塗り替えて希望を持って生きてほしいというようなメッセージが
    あるような気がします。
    つまり、言葉と遺伝子を受け継いだフライデーが意識を持って人間らしくなって感謝の言葉を述べてるのはとても良かったね……と、陳腐な言い方になってしまったが、伝わってほしいです。

    Xに遺伝子を代入して、言葉によって作家の命は本の形で後世に受け継がれていくわけで、この度のアニメ化は、伊藤計劃さんの遺した言葉から新たな命が芽生えたわけで、喜ばしいことだと思います。
    ただ、映画で腐女子ウケを狙って私のような人間を網に引っ掛けるのはいいのですが、ワトフラの濃厚な描写はいかがなもんかと思いました。
    遺伝子は、オスの配偶子とメスの配偶子が接合して新しい個体を生み出していくので、同性愛的表現は本作の意図にやや反しているのではないかなーと思わなくもないです。
    フランケンシュタインであるザ・ワンが花嫁を求めるのも、ワトソンとアドラーがいい感じになるのも、それなりの意図があって物語に配置されたはずですが、映画ではこの部分がかなりわかりにくくなっていて、残念です。
    ただ、映画の改変は、2時間で収まるようにかつ分かりやすい展開を持ってくることでまとまっているのでそう無下にはできません。個人的には、映画は分かりにくいですが楽しめました。

    小説と、映画の差異=ディファレンスを比べるのも楽しく、背景や屍者の動き、アクションシーンが可視化されてとても小説が読みやすくなるのも良い点でした。
    ひとまず、映画版「屍者の帝国」には、ありがとうございましたと言いたいです。
    小説の屍者の帝国へも言わずもがな、ありがとうございますと述べたいです。

  • 円城塔によるエンタメ小説だった。面白かったんだけど、単語を拾っていくのが大変でなかなか読み進めるのに苦労した。

  • ーーー屍者復活の技術が全欧に普及した十九世紀末、医学生ワトソンは大英帝国の諜報員となり、アフガニスタンに潜入。
    その奥地で彼を待ち受けていた屍者の国の王カラマーゾフより渾身の依頼を受け、「ヴィクターの手記」と最初の屍者ザ・ワンを追い求めて世界を駆ける


    なんとか映画公開に間に合った。
    伊藤計劃の未完の絶筆を、円城塔が引き継いだ作品。

    文章の随所に伊藤計劃への敬意があるように感じられた(もっとも円城塔は否定しているが)
    『虐殺器官』『ハーモニー』に連なる作品として遜色のない出来になっていると思う。
    「自らを構成する魂・意識の源について考える自我」について考察しているキャラクターが語る文章という眩暈がしそうな構造も登場するが、それもまた心地よい。





    可能なことはいずれ起こるし、想像できることは実現される。

  • 生と死との境界、意思に対しての疑い。
    哲学的な問いが多くおもしろい。

  • 単行本版との違いは円城先生のあとがきがあるかないか、だけです。しかしながら、それはこの作品の構造を理解するうえで本当に大きな違いです。

    あとがきを含めたこの版を読むことで、単行本版では位置づけに違和感があった最後のフライデーの独白の意味合いについて、理解をすることができたかと思います。

  • 伊藤計劃の遺稿を円城塔が完成させた小説。
    古いSFや文学作品の登場人物がわんさか登場してリーグ・オブ・レジェンドみたいだった。
    「カラマーゾフの兄弟」のアリョーシャや「未来のイヴ」のハダリーまで出てきてネタ元を探すだけでも楽しい。

全18件中 11 - 18件を表示

著者プロフィール

1974年東京都生れ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』でデビュー。『ハーモニー』発表直後の09年、34歳の若さで死去。没後、同作で日本SF大賞、フィリップ・K・ディック記念賞特別賞を受賞。

「2014年 『屍者の帝国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

屍者の帝国 (河出文庫)のその他の作品

屍者の帝国 (河出文庫) 文庫 屍者の帝国 (河出文庫) 伊藤計劃
屍者の帝国 単行本 屍者の帝国 伊藤計劃

伊藤計劃の作品

ツイートする