ニルヤの島 [Kindle]

著者 :
  • 早川書房
3.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (237ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『「死後の世界がない」ことが証明された時代。』の話で、SFだぞ…と身構えたが、中身は短編のように断続的な話なので、どんどん読み進められた。結論からいうと、これは、ハーモニーの向こう側である。

    ハーモニーの向こう側だと思ったのは断片を読むことで、それぞれの人間の物語をたどっているが、この物語の世界は自分の世界ではないと思ったから。
    人の人生は全て記録されて、ストーリーとしていつでも鮮明に振りかえることができる、というのも映画ハーモニー、ラストの電子墓標を連想させる。すごくハイテクな部分もあるのに、基本的には南の小さな島が舞台というところも。

    章がそれぞれ別の視点で、それが集まって物語の全貌が見えてくる、という書き方はブギーポップを思い出すのも、個人的にはとても良かった。
    結局天国も地獄もやはり生きた人間のためのものなのだ。

  • 前半……意味がわかんなくて辛かった……。平行する『語り』がわかってくると一気だったけど。
    生きているということに貪欲になる。死の意味を追う。乾いた文体でいながらじっとりとしたお話でした。

  •  結局のところ。ラプラスの魔はSFファンにとって憧れですよねって話なのかしら。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

SF作家。1987年東京生まれ。成城大学大学院文学研究科日本常民文化専攻博士
課程前期修了。在学中の2014年、『ニルヤの島』で第2回ハヤカワSFコンテストの大賞を受賞し、デビュー。他の著作に『クロニスタ――戦争人類学者』(早川書房)、「心霊科学捜査官」シリーズ(講談社)などがある。戦国武将・柴田勝家を尊敬する。
Twitterアカウント @qattuie

「2018年 『ワールド・インシュランス 02』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニルヤの島のその他の作品

柴田勝家の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする