戦国無双4-II - PS Vita

  • コーエーテクモゲームス (2015年2月11日発売)
  • PlayStation Vita
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4988615067662

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦国無双4は10周年記念で関連作をばんばん出してたわけですが、ストーリーは本作が一番好きでした。
    2をプレイしたとき感動したような、凝った演出やシナリオが多かった気がします。軍勢毎がつまらないというんじゃなくて、キャラクター毎だから描ける多様さがいいのだろうな。次回はどっちも1本のゲームで見られると一番うれしい。

    これまで悪役をつくらないというポリシーのおかげでどのキャラクターにも愛着が湧く一方、ちょっと描き方がきれいすぎるんじゃないか?と思いもしていたのですが。今作では、秀吉や家康たちは天下人としてのいやらしい面が少し描かれていたり、秀吉子飼い三人の問題点なんかが指摘されていたりするので、深みが増したように感じます。


    特に印象的だったのは、情愛の章と盟友の章(+理想の章)。

    途中から孫市が操作できない理由が最後に明らかになる、情愛の章。孫市は誓いを果たすまでこの世にとどまり、小少将もずっと一人で戦ってきたというのが分かったとき、涙があふれました。

    もうおなかいっぱいだよと思いつつも需要は高そうな三成周辺の人間関係は、盟友の章・理想の章によって4で足りなかったところを補っているように思えました。史実に沿うという指針を外れない程度に、ほんの少しだけハッピーエンドになっています。三成はもともと好きですが、理想の章の三成は清廉さが増していて、特別好き。
    盟友の章はとにかく、最後のムービーのセピア色…。あの手放しで喜べない不穏さが引っかかって、くせになります。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

『三國志』シリーズや『無双』シリーズなど、ゲームの人気シリーズを多数制作。30年以上シリーズが続く歴史シミュレーションゲーム『信長の野望』シリーズは世代を超え多くのファンに愛されている。

外部サイトの商品情報・レビュー

戦国無双4-II - PS Vitaを本棚に登録しているひと

ツイートする