スティーブズ(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 小学館
3.94
  • (7)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スティーブ・ジョブス&スティーブ・ウォズニアック
    16.12.02 新規up

    1-05巻 続

  • 全巻読了。
    スティーブジョブズ、と言えば超有名人なので、彼について調べようと思えば、いくらでも書物やインターネットサイトはあると思うので、あえてという感じもするが、ネットでの無料立ち読みで読んでみたら面白かったので買ってみました。

    特に良いと思ったのは、タイトルを「スティーブス」として、ジョブズだけでなく、もう一人のスティーブであるウォズニアックまでしっかり焦点を当てている点。
    技術者としてアップルの黎明期にウォズという存在がいかに大事だったかが分かるので、「アップルはジョブズで成り立っていた!」と思っている人は一度読んでみるべき。

    最後のビルゲイツとのやりとりが面白かったので、このあたりをもう少し充実してくれても良かったかなー、というのと、どうせならiPhoneあたりまで見たかった。

  • アニメタッチなコミカルな絵柄が良い。情報工学黎明期の知識にも相当詳しいようだ

  • Kindle期間限定無料版にて。
    無料連載版で3話まで読んであったが、このたび1巻全部が無料だったのでその続きを読む。
    いやあまあ、やっぱり迷惑な人だなスティーブ・ジョブズ。
    ホントもう、これで商売の才能がなかったらどうしようもないな。
    凡人が真似するのだけは絶対にやめて欲しいわ。
    面白かったけどね。

  • キャラの性格付けの方法のひとつとして、方言やオネエ言葉などで喋らせるというのを見てなるほど!と思った。ジャック・トラミエルの土佐弁がかっこいい。

  • ヤマザキ・マリの「スティーブ・ジョブズ」と同じく、スティーブ・ジョブズとアップルを描く。違っているのは、タイトルが「スティーブズ」と複数形であるように、もう一人のスティーブであるところのスティーブ・ウォズニアックも主人公として扱っているところ(とはいえ、なんだかんだ目立つのはジョブズのほうだけど)。
    いちおう史実をベースにしているとはいえ、作者なりに自由にキャラクターを造形していて、ヤマザキ・マリとはまた違った作品になっている。また、アイザックソンの伝記以外も参照しているのでエピソードもいろいろ違っている。アップル好きはこちらもチェックしてみても損はない。
    しかし、みんなジョブズ好きだよなあ。個人的には、ジョブズ追放後のアップルも詳細に描いた「アップル・コンフィデンシャル」あたりを漫画化したほうが面白いと思うんだけどな。

  • ゲイツ出てきた

全7件中 1 - 7件を表示

スティーブズ(1) (ビッグコミックス)のその他の作品

スティーブズ 1 (ビッグコミックス) コミック スティーブズ 1 (ビッグコミックス) うめ(小沢高広・妹尾朝子)

うめ(小沢高広・妹尾朝子)の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする