獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.50
  • (21)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 189
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1735ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【あらすじ】国の資産である「闘蛇」を世話する母は、処刑される寸前、禁忌を犯して娘・エリンの命を救った。やがてエリンは、闘蛇と同様に国が大切に保護する「王獣」に惹かれ、母と同じ「獣ノ医術師」を志す。想いの強さから王獣と心を通わせるようになったエリンは、王国の戦いに巻き込まれ、過酷な運命を背負うことになるーー。外伝1冊を含む、全5冊の合本。
    ***
    【感想】
    本編4冊を分解すると、前半2冊はエリンの子ども時代で、自らのルーツを探していく過程。後半2冊は、結婚し、子どもを持ったエリンが、自らの運命と戦っていく話。本来は前半2冊で完結していたはずの物語らしいけれど、後半もあってよかった。個人的には、後半の方が面白く読むことができた。前半は、闘蛇や王獣の謎を解いていくSF的な要素が多いけれど、後半は政治的な駆け引きなどが中心になっているからだと思う。闘蛇や王獣という存在は、おそらく例えでしかない。便利なものを得た時に、それをどう使うかは人間次第だし、戦いが止むことはない。それが人の性だから。「児童文学」というジャンルらしいが、むしろ大人向けの作品ではないかと思った。

  • すごい面白い

  • 主人公エリンの内にある、青白く燃え上がるような怒りと悲しみ。
    読みすすめるのが痛い、辛い、悲しい、苦しい。それでも読んでしまう。
    「精霊の守り人」でもそうだが、主人公の強く激しい生き方は、凡庸な私には天地がひっくり返っても真似できない。なのに、白けることなく感情移入できる。
    なによりもそこが凄いと思う。

  • 主人公が王獣や闘蛇の謎を解いていく先には災いがまっていると知りながら、謎を解いていくところに、人間は好奇心を抑えることが難しいと感じた。

  • ずっと主人公のエリンの行動に違和感を感じながら読んでいたけど、最後にその違和感の理由が分かった。
    これは科学者の葛藤のお話しだったんだなー。

  • おもしろかった、けど、重かった、とてつもなく悲しかった。
    「長い年月 、たくさんの 〈示道者 〉たちが道を探しつづけてきたけれど 、どれほど巧みに身をくねらせても 、争いからは逃れられない 。人の命は短すぎて 、思想はいつも 、充分に成熟せぬままに途切れていくのよ 」
    「ああ時間が欲しい !知りたいことを解き明かしていく時間が !人の一生は 、短すぎるわ … … 」
    「わたしがしてきたことには 、なにか意味があるのかしら 。わたしは 、なにか 、できたのかしら 」
    「人は殺し合いをやめない 。これからも 、きっと戦は続いていくでしょう 。わたしたちは 、ばらばらで 、言葉を持っていても 、思いはけっして 、思うようには伝わらない 。でも … …それでも人は 、道を探しつづける 。きっと 、人というのは 、そういう生き物でもあるのよ 」
    「人は 、知れば 、考える 。多くの人がいて 、それぞれが 、それぞれの思いで考えつづける 。一人が死んでも 、別の人が 、新たな道を探していく 。 ─ ─人という生き物の群れは 、そうやって長い年月を 、なんとか生きつづけてきた 。知らねば 、道は探せない 。自分たちが 、なぜこんな災いを引き起こしたのか 、人という生き物は 、どういうふうに愚かなのか 、どんなことを考え 、どうしてこう動いてしまうのか 、そういうことを考えて 、考えて 、考えぬいた果てにしか 、ほんとうに意味のある道は 、見えてこない … … 」
    次の世代に伝えていきたいことがなければ、人生なんてなんの意味もないのではないかもしれない。

  • 現実離れした話だけど、わかりやすい文体で、とても読みやすかった。

  • まじでおもしろいっすわ。
    親と子の関係もそうですし、生物の生き様から人の生き様とか、人の生末とかを見たりできます。親から教えてもらったことの意味を自分が大人になって理解できるように、物語の中で登場人物が成長していく様が見れます。それを見ながら自分もそうであったなあと思ったり、その痛みあ温かみを感じたりすることができるのです。それをファンタジーの中で、空想上の生き物、王獣、闘蛇という重要なキャラクターの生態を解き明かしながら進んでいくのです。ああ、よくできている世界観。
    よし、この著者の他の作品を読んでみよう。

  • 王獣って核みたいだ。

  • 『鹿の王』が面白くて、他の上橋さんの本にも興味を持ち、5冊一気読み。途中でなかなか止められずに、つい先まで読み進めてしまった。「大人が読んでも面白いファンタジー」とのことだが、人間と獣の生き様は、児童書扱いだけだと勿体無い。多くの大人にも読んで欲しい。
    「王獣」「闘蛇」という架空の生き物を描いているのだが、その描写がリアル。息遣いが近くで聞こえてくるかのよう。政治のために獣の生き方を制限してしまう人間の業の深さと、獣を獣のように生きさせたいと願うエリンの苦悩。獣だけでなく、エリンを取り巻く人間達・・・イアル・ジェシ・ヨハル・ジョウン・セィミヤ・シュナンなど多くの人物がそれぞれの悩みを抱え、魅力的に描かれている。
    Ⅰ(闘蛇編)・Ⅱ(王獣編)で当初完結する予定であり、後日書き進められたⅢ(探求編)・Ⅳ(完結編)。Ⅱ巻で完了した方が良かったという意見も多くあるようだが、私はⅣ巻(そして外伝)まで読めて良かったと思う。母としてのエリン、そしてエリンの想いを継ぐ息子ジェシなど、若い頃だけでは描ききれなかった世界に出会えたから。
    上橋さんご自身は、王獣編までを「獣と人の物語」で、探究編以降を「人と獣の歴史の物語」と表現されている。探究編以降は少し暗めだが、それでも暗さの中にあるわずかな希望が救い。外伝で少し気持ちを切り替えられるかもしれない。
    壮絶であり壮大な物語に、読み終わった今も心奪われている。物語を辿りながら、「エリンと一緒に生き抜いた」という表現が相応しいか。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

「2020年 『鹿の王 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上橋菜穂子の作品

獣の奏者 全5冊合本版 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×