勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずに [Kindle]

  • KADOKAWA
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (374ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 勇者時代の力を取り戻したことで、勇者時代のエピソードを回想するシーンが多々。

    人間界の冒険者が魔王城を襲撃

    イサギ(イサ)のと遭遇した襲撃チームの「勇者」はプレハとイサギという名前
    20年前のアンリマンユ撃破から「イサギ」「プレハ」の名前はよくある名前になっていた。

    禁呪となっている回復術の劣化版が施されている「リヴァイブストーン」を飲み込むことで冒険者はなんど死んでも蘇る存在になっていた。
    魂を削ることで禁呪とされていた回復術なので、それを模しているリヴァイブストーンもその副作用があり何度もなんども蘇生をしていると人格が崩壊していく。

    当初は殺すことをためらっていたイサではあるが、リヴァイブストーンを利用している冒険者の実情を目の当たりにして殺すことを決意。

    イサの活躍でなんとか襲撃に耐えられたが、魔王城は破棄することとなり、魔王候補の3人もそれぞれ決意をする。

    シュウ:襲撃時の様相から魔族は負けると判断し、人間族に付くことにした

    レンゾウ:これまどおり魔族側として戦うことを決意

    ヨシノブ:冒険者襲撃時に何もできなかった自分と決別するように決意を固めた

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

著:みかみてれん
ライトノベルから漫画原作に至るまで、さまざまなジャンルで大活躍中の作家。
得意の百合ジャンルはもちろん、人気のファンタジーに加え「事情があって男の子のフリをしているが
その実美少女であることがバレバレなクラスメイトに対し、むしろ全力で気づいていないよう努力する
男子高校生のお話」まで、さまざまな物語を書きこなして好評を博す。
代表作は「女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話」(みかみてれん文庫)
「勇者の君ともう一度ここから。」(LINE文庫エッジ)など。漫画原作に「おとめバレ」(コミックキューン)がある。

「2021年 『女同士とかありえないでしょと言い張る女の子を、百日間で徹底的に落とす百合のお話3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みかみてれんの作品

勇者イサギの魔王譚2 それすらも幸せな日々だと気づかずにを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×