悪の教典(7) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (177ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 始めから終わりまで蓮見の生徒殺しです。
    1階から助けを求めようとした数人、蓼沼、他女生徒が殺されます。
    残っているのは渡会指示のバリケードの内側にいる連中と、屋上にいる連中です。

    淡々と殺していて、この物語のウリの一つである恐怖が殆ど表現できていないのが残念です

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。96年『十三番目の人格-ISORA-』でデビュー。翌年『黒い家』で日本ホラー小説大賞を受賞、ベストセラーとなる。05年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、08年『新世界より』で日本SF大賞、10年『悪の教典』で山田風太郎賞を受賞。

悪の教典(7) (アフタヌーンコミックス)のその他の作品

悪の教典(7) (アフタヌーンKC) コミック 悪の教典(7) (アフタヌーンKC) 貴志祐介

貴志祐介の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

悪の教典(7) (アフタヌーンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする