数奇にして有限の良い終末を I Say Essay Everyday [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (623ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 飽きた。

  • シリーズ最終巻。変わらず続けるって大変ですね。でもお腹いっぱい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

工学博士。1996年『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞しデビュー。怜悧で知的な作風で人気を博する。「S&Mシリーズ」「Vシリーズ」(ともに講談社文庫)などのミステリィのほか「Wシリーズ」(講談社タイガ)や『スカイ・クロラ』(中公文庫)などのSF作品、エッセィ、新書も多数刊行。ど。

「2021年 『森には森の風が吹く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森博嗣の作品

ツイートする
×