数奇にして有限の良い終末を I Say Essay Everyday [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
2.50
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (623ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 飽きた。

  • シリーズ最終巻。変わらず続けるって大変ですね。でもお腹いっぱい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1957年愛知県生まれ。工学博士。某国立大学の工学部助教授の傍ら1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞し、衝撃デビュー。以後、犀川助教授・西之園萌絵のS&Mシリーズや瀬在丸紅子たちのVシリーズ、『φ(ファイ)は壊れたね』から始まるGシリーズ、『イナイ×イナイ』からのXシリーズがある。ほかに『女王の百年密室』(幻冬舎文庫・新潮文庫)、映画化されて話題になった『スカイ・クロラ』(中公文庫)、『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』(メディアファクトリー)などの小説のほか、『森博嗣のミステリィ工作室』(講談社文庫)、『森博嗣の半熟セミナ博士、質問があります!』(講談社)などのエッセィ、ささきすばる氏との絵本『悪戯王子と猫の物語』(講談社文庫)、庭園鉄道敷設レポート『ミニチュア庭園鉄道』1~3(中公新書ラクレ)、『自由をつくる 自在に生きる』(集英社新書)など新書の著作も多数ある。

「2020年 『お金の減らし方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森博嗣の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

数奇にして有限の良い終末を I Say Essay Everydayを本棚に登録しているひと

ツイートする