プロミスト・ランド [DVD]

監督 : ガス・ヴァン・サント 
出演 : マット・デイモン  ジョン・クラシンスキー  フランシス・マクドーマンド  ローズマリー・デウィット  ハル・ホルブルック 
  • ポニーキャニオン (2015年3月3日発売)
3.15
  • (3)
  • (15)
  • (32)
  • (8)
  • (2)
  • 本棚登録 :126
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013169180

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっと中途半端と言うか、もうちょっと掘り下げて欲しかったってきがします。
    地域の伝統や一族の歴史みたいな大きな遺産。それを守り続けていきたいと思う切なる願い。しかしジリジリと追い詰められていく生活環境。子供の未来の為にそこから抜け出したいと言う葛藤…そこへ利益優先で敵も味方も騙してまでとにかく利権を手にれようとする大企業の思惑…結構、大事なことを題材としている筈なんですけど全体的に足らない印象って云えばいいでしょうかねぇ〜
    物語がと言うよりは作品の引力が薄い印象が拭えない。ちょっと期待はずれな作品でした。

  • マット・デイモン演じるシェールガス会社の土地買収(正しくは借地権を取る)担当者が最初のうちはとても善人で、努力家の企業人に見えるのだが、途中からそれが一転してダークサイド側に見えてしまう。で、「このままこの男は破滅していくんだろうなぁ・・・」と思っていると意外にも、また好感度を取り戻していく、という展開はとってもうまいし、ハラハラさせられる。また助演のフランシス・マクドーマンド(「ファーゴ」)がいつものとおり、渋い存在感を醸し出してくれる。
    だが、問題はエンディングで、「ちょっとマット・デイモンがいい子すぎない?」と思ってしまうわけである。まあ、彼が至る結論そのものは何の文句もない、立派なものであるのだが、ちょっと綺麗すぎる着地点のように感じてしまったのであった。
    でも、「シェールガス」というテーマで映画を撮るっていう、ガス・バン・サント監督の心意気には「さすが」と思いました。

  • ガス・ヴァン・サントの映画に漂う、刃の上を歩くような張り詰めた感じがないのがちょっと拍子抜け。

  • 山場なく、たんたんと綴られたストーリー。最後の方にどんでん返しがあるものの、そんなんほんとにあり?と思ってしまう。シェールガス採掘による自然への影響が、実際どの程度なのか、最後までわからないままだった。マイケル・ムーア的社会派映画を期待したので少し残念。

  •  大手エネルギー会社のやり手社員スティーヴがパートナーのスーとともにやってきたのは、農業が主要産業の田舎町。二人の目的は町の地下に眠る天然ガスを採掘するため住民たちから土地の採掘権を得る契約を結ぶためだった。
    仕事は順調に進むかに見えたが、採掘に反対する元大学教授や環境保護団体の男の登場で雲行きが怪しくなる。

     何とも微妙な問題と言えば問題だなあ、という見ていて思いました。さしたる産業のない町において、天然ガスの採掘は町を活性化させる手段の一つだとスティーヴは説きます。しかしもちろん自然への影響はゼロなのか、と問われるとそうも言いきれなくて…。結局どんな話でも旨い部分しかない、なんてことはなくて、メリット・デメリットをきちんと把握したうえで理解しなければならない、ということなんでしょうね。

     どっちが正解でどっちが間違い、という話でもない気がするので、その点をもうちょっと掘り下げてほしかったかなあ、と少し思いました。どんでん返しはなかなか面白かったのですが、そのどんでん返しで、その点がちょっと曖昧になってしまったような気がしたので。

     スティーヴとスーの雰囲気はなんだか良かったです。べたべたするわけでなく、どちらも大人として、仕事上のパートナーとして絶妙な距離感で仕事に臨む姿がさりげないながら良く感じました。

  • ガス・ヴァン・サントとマット・デイモンの『プロミスト・ランド』、凄く良い映画だった。

    シェールガス開発にまつわる大企業vs地元民のやりとり。日本でも同様の事例が沢山起きてる事が容易く想像でき、とても感情移入できる。

    『グッド・ウィル・ハンティング』の青春さとはまた違う、社会派の良作。

  • グッドウィルハンティングほどの引き込まれる感じではないものの、マットディモンらしさを感じる映画でした

  • テーマはエネルギー。酪農・農業以外に特に産業が無い地方だが地下には住民の生活を一変させる程のシェールガスが埋蔵されており、その採掘権を獲得する為にマット・デイモンさん演じるエリート社員が派遣されます。住民達との交渉は順調かと思いきや、謎の環境保護団体員が反対工作を。。。社会派ドラマとして観る価値ありです!

  • 請求記号:15D125(館内視聴のみ)

  • ☆7

    2017.4.11視聴

全28件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする