Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 中経出版
3.58
  • (1)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (215ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自動運転車が車をインフラに変え、都市デザインさえも変容させる。
    その時車というハードウェアの頂点にいるトヨタとICTの頂点にいるgoogleが覇を競うと言う話。かなり納得のいく未来予想図。
    色々と章ごとに含蓄がありそうなので、もう少し読み込みたい。

  • 半導体、家電と失ってきた日本が次に失うのは自動車か。IT化、コモディティ化が進む先にある自動車産業の未来とは。そう遠くない未来に、トヨタはSONYのようになってしまうのだろうか。

    従来の自動車産業にはいなかったGoogle、Apple、テスラが新しいルールを作り上げる前に、日本のトヨタが新しいルールを作り上げることができるか。iPhoneに続くイノベーションの舞台は自動車。

    自動運転、エネルギー、インフラ。これらを組み合わせた都市デザインこそが、自動車産業の新しい勝者になる。これからの10年で、この戦いの行方が分かるだろう。

  • インフラを誰が支配するか、都市デザインの見直し、自動運転競争はものすごいスケールのイノベーションを引き起こす可能性が描かれていた。

全3件中 1 - 3件を表示

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)のその他の作品

泉田良輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
ビジャイ・ゴビン...
デール カーネギ...
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

Google vs トヨタ 「自動運転車」は始まりにすぎない (角川EPUB選書)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする