トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫) [Kindle]

  • KADOKAWA
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (15ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了。今風なタイトルをつけるなら「19世紀のアメリカ人技師がアーサー王時代の英国に転生したら無敵の魔法使いになった件」という話で、書かれた時代的に、タイムスリップSFのハシリと思われる。
    設定は秀逸なんだけど、主人公がいくら技師だといっても何でもできすぎで、火薬から発電所や電話のシステム、印刷機、学校にいたるまで1人でなんでも作ってしまうというのはさすがに無理があるのではないかと思った。
    もうちょっとディテールを語ってくれるといいんだけど、これだけ端折ってもけっこう長々しくて退屈な部分も多く、読了するのにかなり努力が必要だった。
    ハックルベリー・フィンの冒険もそうだけど、マーク・トウェインは「まあまあ面白いんだけど長くて退屈」という作風だよね。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

マーク・トウェイン 1835年ミズーリ州フロリダに生まれる。4歳のとき、ミシシッピ川沿いの村に移り住み、自然に恵まれた少年時代を過ごす。12歳で父親を亡くし、生活のために印刷工、蒸気船の水先案内人、新聞記者など様々な職業についたが、やがて『トム・ソーヤーの冒険』『ハックルベリー・フィンの冒険』『王子と乞食』など多くのすぐれた作品を世に送り出し、アメリカの国民的作家となった。

「2019年 『さらわれたオレオマーガリン王子』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トウェイン完訳コレクション アーサー王宮廷のヤンキー (角川文庫)のその他の作品

マーク・トウェインの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする