週刊ダイヤモンド 2015年 1/10新春号 「雑誌]

  • ダイヤモンド社
2.81
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 29
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910202420154

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • クレカのページが面白かった。

  • お金に関して手広く基本的なことが書かれています。
    目新しさはないですが、堀江貴文さんと藤野英人さんの対談が一番面白かったです。

  • 増やす!

  • で、どうすれば増えるんだろうねお金って 

    タイトルをパッと見て、読んでしまいました。俗物ですね。
    今年こそ! お金を学ぶ

    これ読んで、殖やせることができるのかな?というのが
    読み終わっての第一の感想。

    賢く「貯める」「殖やす」「備える」「使える」
    と幅広いテーマになっているので、本当に広く浅くな内容で、
    実際に自分の実践に移すには、それぞれの知識に
    つっこんでいかないといけないなと。

    まあそのとっかかりになればよいのかな。

    コラム「まずくなったって本当!?コーヒーで見える世界経済」
    は楽しかったな。なんか私の味覚がおかしくなったのか、
    風邪だったのかなと
    思っていたらロブスタ豆比率上げられていたのか・・・

    あとはふるさと納税記事かな。
    私の出身地はおいしい食べ物ないしな、とスルーしていたのですが、
    税制上メリットがあり、好きな特産物を頂けるのであれば、
    これはちょっと調べてみていいかなと思いました。

    以下、気になった本です。
    新聞の広告同様、読みたい本探しに読んでいる部分もありますね
    この雑誌。

    佐藤優 知を磨く読書
    「肩書き捨てたら地獄だった – 挫折した元官僚が教える「頼れない」時代の働き方」
    肩書を捨てたことがないので、こういった実体験を知りたい。

    と思って見てみたらamazonの評価悪いなー。
    この人の態度、行動から広い意味で、学べ、掴み取れということを
    佐藤さんは仰っているのかな。

    私の「イチオシ」収穫本 吉川尚宏
    「ミクロ経済学の力」
    ミクロ経済学は学生時代に多少学んだので、復習かねて。
    私が学んだミクロ経済学はスティグリッツさんでした。

    目利きのお気に入り
    ジュンク堂書店営業本部 宮野源太郎
    「新・戦争論 僕らのインテリジェンスの磨き方 」
    今昭和史関連の本を読んでいることもあり、どのあたりの戦争を論じているのかが気になるところです。
    この本をとっかかりに、また興味対象を見つけたいところです。

  • ネット接続機器は人の数をはるかに超える。

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする