散り椿 (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.06
  • (5)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (381ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一刀流名手で、勘定方の瓜生新兵衛は、上役の不正を訴え、それがもとで妻を連れ藩を去った。18年後、妻の最後の願いを聞くために、帰阪した彼は、彼の妻方の甥とともにに、藩のお家騒動に巻き込まれ・・・といういつものパターンだが、このパターンはさすがに葉室先生。素晴らしい出来でした。

  • 主人公が帰ってきたウルトラマンみたいでねぇ...。
    篠の思いもちょっとわかりにくい、、、というかわかんないよ。
    男の人ってこういった控えめな愛情を好むものなのかな?

  • 上役の不正を正そうとして失敗し藩を追われた過去を持つ瓜生新兵衛。
    そんな彼に付き添った妻は亡くなる直前、ある頼み事をする。
    少なからず嫉妬を呼び起こしてしまうその頼みごとを、
    それでも彼は叶えようと扇野藩に戻ることを決意する。

    一方その扇野藩では、次期藩主を巡る政争が繰り広げられており、
    新兵衛が藩を去った後も不必要な謎の血が流れていた。
    新兵衛の帰藩により、その真相にも光が当てられていき…

    そして、また新兵衛の妻はなぜ夫を苦しめるような頼み事をしたのか?
    その裏に隠された真の想いに周囲の者が気づいた時には…


    といった時代小説。
    うん、やっぱり葉室麟さんはいいですね。
    『銀漢の賦』を読んだことがあるんですが、ストーリーも良いし、
    その中で徐々に語られていく登場人物の真意が読者の胸を打つ。
    今回も読後はとてもすっきりしたのでした。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

葉室 麟(はむろ りん)
1951年1月25日 – 2017年12月23日
福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て小説家に。2005年に短編「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞(のち単行本化)、2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞受賞。
上記以外の代表作に、2018年9月に岡田准一主演で映画化される『散り椿』、第22回山本周五郎賞候補及び第141回直木賞候補だった『秋月記』がある。

散り椿 (角川文庫)のその他の作品

散り椿 (角川文庫) 文庫 散り椿 (角川文庫) 葉室麟

葉室麟の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする