Number(ナンバー)869号 錦織圭のすべて。全豪OP直前総力特集 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

  • 文藝春秋
3.67
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268540155

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全日本ゆづ

  • 錦織圭。彼が今年どこまで活躍できるんでしょうか。日本スポーツ界に歴史を刻むことができるのか、です。去年の活躍も刻んではいるのだけども、燦然たる名誉を刻むには、タイトルが足りないのではないかと。

    記事を読む限り、プライベートの飄々としてる人柄が伝わってくるので、さらっと達成してしまいそうな気がしますけどね。

  • 今回はテニス特集。これも錦織くんのおかげ。
    来週から全豪オープン。サッカーのアジアカップとあわせて楽しみ。

  • いつもは120頁あったのに何故に今号は112ページなんじゃ?

  • 喫茶店などで読んだことはあったけど、買ったのは初めて。錦織やテニスの特集。錦織のインタビューは他の雑誌でも読んだことがあったからそこまで新鮮でもなかったけど、ジョコビッチや伊達公子のインタビューは新鮮だった。伊達がそんな大怪我をしていたとは。

    スペシャル座談会が一番の目当て。ボルグ、コナーズ、マッケンロー、レンドル、ベッカーなどなど名前しか知らない人たちのエピソードがたくさん紹介されていて面白かった。ロッド・レーバーは古すぎて写真がないのか。

  • 記憶違いがなければテニス選手がナンバーの表紙を飾るのは伊達公子さん以来かと思います。
    もちろん錦織選手にはそれだけの価値が十分にあります。
    準サッカー雑誌になってから購入することがめっきり減ったナンバーですが、全豪オープン直前という時期でもあり久しぶりに購入しました。
    写真、デザインの美しさは相変わらずでした。

全6件中 1 - 6件を表示
ツイートする