ごめんね青春! DVD-BOX

出演 : 錦戸亮  満島ひかり  坂井真紀  生瀬勝久  風間杜夫 
  • TCエンタテインメント (2015年6月3日発売)
4.07
  • (9)
  • (12)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562474163019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年10月期にTBS日曜劇場枠にて放送された宮藤官九郎脚本による青春学園ドラマ。

    コレ、なぜか視聴率は思わしくなかったみたいやけど、毎週楽しみに観てました。
    (たまたま前作「あまちゃん」がヒットしただけで、はっきり言ってクドカン作品はマニア受けする遊び心や、分かる人に分かればいいという小ネタやギャグ、怒涛のテンポ感、そしてサブカルを徹底的に描いた濃密さこそがウリなので一般ウケしなくて当然だし、テレビ視聴率では昔から劣勢を強いられてましたもんね笑)

    ストーリーは14年前に起こったある不幸な事故のためトラウマを抱え人生が狂ってしまった、静岡県にある仏教系男子校の教師、原 平助の奮闘記です。
    学生数の減少により彼の勤める男子校と、同じ地域にある女子校が来年から合併することになり、両校合同の文化祭を成功させるという目標に向かって平助は全身全霊でまい進するのですが…

    まず、女生徒への免疫がない仏教系男子高と、男は野蛮でバカだと決めつけてるカトリック系女子校がひょんなことから合併するという設定だけで、かなり笑えます。
    案の定、女生徒たちに猛烈に拒絶される男子校生たち。
    しかしテスト前の平助の実家(お寺)での合宿を境に徐々に心通わせる男女生徒たち。
    犬猿の仲だった男女で協力して開催にこぎ着けた平助悲願の男女合同文化祭、
    爆笑した「相撲ミュージカルえんどう」に(笑)、
    キャンプファイヤーを囲んでのフォークダンス。
    去りゆくクラスメートとの新しい校歌作り。
    生徒たちが通学に利用する伊豆箱根鉄道駿豆線(通称:いずっぱこ)で、1日1車両しかないハートの吊革を一斉に掴んだ男女は永遠に結ばれるという学生時代にありがちな都市伝説(しかも壁ドン付き)。
    因縁の西高にリベンジするため男女一致団結し「箱根まで駅伝」の出場を決めたりと(なんじゃその駅伝笑)、
    まさに青春としか呼べないあの頃のバカっぽさ、甘酸っぱさが疑似体験できます(笑)。

    しかし、鬼教師・蜂矢りさに扮した満島ひかりはやっぱスゴいわ~。
    劇中ツンとデレを見事に使い分け、平助に恋に落ちた時の表情なんて、演技ではなくホンマに恋に落ちてたんじゃないかと勘ぐるくらい乙女顔になってたし(笑)。
    他にも儚さとしたたかさを合わせ持った平助の初恋の人、蜂矢祐子を凛と演じた波瑠。
    間違ったカタコトばかり使うキャラでかなり笑わせてもらったのは、ドイツと山梨県のハーフの女生徒、ビルケン山田役のトリンドル玲奈。
    個人的に今回の生徒役で最も印象に残る演技をしたのは、平助に淡い恋心を抱く生徒会長で中井貴子役の黒島結菜(この子は今後要注目株です!)。
    違う意味で印象的だったのは(笑)、植田まさしの漫画みたいな顔をした「一人クローズ」と呼ばれる純情ヤンキー古井豊役の矢本悠馬。
    他にも、笑えるけどカッコいい
    ご当地キャラ専門のカリスマスーツアクター中野さんにはお笑いコンビ中川家のアニキ、剛。
    三女校長でシスター役にはクドカン憧れのアイドル、斉藤由貴。
    振り切れまくった演技が最近板についてきた(笑)どんまい先生役には坂井真紀。
    平助の親父でチャラい住職役には風間杜夫、
    蜂矢りさと祐子の父には平田満。
    (な、な、なんと風間サンと平田さんは邦画史上に残る傑作映画「蒲田行進曲」の銀ちゃんとヤス役以来、久方ぶりの共演!他にも風間さんが教官役で出演し一世を風靡した「スチュワーデス 物語」のオマージュも出てきます笑)

    そしてそして、『カバヤキ三太郎のごめんね青春!』という若者向けラジオ番組のパーソナリティ、カバヤキ三太郎役を生瀬勝久が校長役の二役やっててかなり笑えます。

    とにかくキャストがみな上手いし、ぶっ飛んだクドカン脚本を嬉々として演じてるのが分かるから
    ついついニヤケながら見ちゃうんですよね~(笑)

    あと、舞台が静岡県三島市であることから三島市役所商工観光課協力のもと、
    B級グルメのみしまコロッケや実在するゆるキャラ「みしまるくん」の出演など
    相変わらず地方ローカルな遊び心満載なのもファンにはたまらない見どころです。

    クドカン作品の楽しいところは面白い言葉やいいセリフを出し惜しまない点です。
    これでもかってくらい密度の濃いギャグや深い会話が必ず毎回盛り込まれています。
    (そして意外に知られていないけど、心に残る名セリフがホンマ多いのです!)

    「今は誰とも付き合えない」という女の子の言葉。
    これは付き合える確率なんパーセントか?とか、

    男が「お前しか見えない」っていうセリフを吐くとき、
    二人の距離はどれくらいなのか?とか(笑)
    (距離が近すぎると見えないこともあるという例え)、

    女子と書いて「好き」、
    じゃあ男子と書いてなんと読むか?
    (答えは、あるかなしかで言えばあり)、

    好きにならなきゃ好きな理由はわからない。だからウダウダ考え込む前に直感を信じてみろ、好きになってみろ。
    (人生は一度きりなんやから)、

    「腑に落ちないのが青春だ。」などなど。

    男女間や宗教や世代間など、価値観の違う他人をどう受け入れるかといった深いテーマながら、老若男女、誰もが笑えて胸にくるドラマでもあります。
    そしてCCBやカルロストシキや80年代サブカルを知ってる世代であれば、より一層楽しめること間違いナシ(笑)

    ちなみに劇中に流れる音楽は元ブルーハーツ、THE HIGH-LOWS、クロマニヨンズのギタリスト、
    マーシーこと真島昌利!
    こちらもシビレます!(^^)

    • kwosaさん
      『台風クラブ』といえば当時としては珍しい黒い三浦友和。
      それに影響を受けた山下敦弘監督の『松ヶ根乱射事件』は必見のブラック(ダーク?)コメディです。
      冒頭の、くたびれた川越美和(!)から引きこまれ、嫌な人間ダメな人間のオンパレード。
      『あまちゃん』の栗原ちゃんこと安藤玉恵が小学生役(!?)で出ている衝撃。
      そして肝心の「松ヶ根乱射事件」とは。

      なんか夜中の勢いで関係ことまで書いてしまいました。すみません。
      2015/05/31
    • 円軌道の外さん

      kwosaさん、いらっしゃ~い(笑)

      あはは(笑)
      確かにそう考えたら
      クドカン、着実に名脚本家への道を歩んでいってますよね(笑)
      この調子で月9にも登場して、
      どんどんテレビの常識を覆して欲しいなぁ~(笑)
      今のテレビドラマはどんどん保守的になって、
      テレビだからこその観るべき価値がなくなってますからね~(^^;)


      あはは(笑)
      『幕末純情伝』いいでしょ♪
      一応時代もので新撰組だし、
      沖田総司が女だったって設定は
      いかにもクドカンが考えそうなネタだし(笑)
      違和感なく作れそうな気がするんやけどなぁ~(笑)

      おおーっ!『台風クラブ』ご存知でしたか!
      僕は社会人になってから観たんですが、
      あの思春期のワケの分からないパワーや焦燥感を
      奇跡のように映像に収めてましたよね!
      いまでも大好きなバービーボーイズの『暗闇でDANCE』が流れる中、プールサイドで狂ったように踊りまくる女子中学生たちの映像が目に焼き付いてます。
      あと、工藤夕貴と言えば、永瀬正敏と共に主演した
      ジム・ジャームッシュの『ミステ リー・トレイン』も印象的でした。

      そうそう! kwosaさんのおっしゃるとおり、
      最近の富田靖子はいい演技してますよね。
      『鈴木先生』のあの壊れたぶっ飛び具合は狂気を感じたし(笑)、
      『めんたいぴりり』はわかりませんが…(笑)( >_<)

      つか、最近僕の頭の中を読まれてるかのように(笑)
      kwosaさんの言葉がシンクロしててビックリです((((((゜ロ゜;
      ちょうど、少し前から
      『福家警部補の挨拶』を読んでみたいなぁ~っと思ってたところやったんです(笑)
      ドラマもちゃんと観たことがないんで、気になります!

      2015/06/11
    • 円軌道の外さん

      kwosaさん、またまたありがとうございます!
      『松ヶ根乱射事件』は
      見たい見たいと思いつつ、まだなんスよ~( >_<)
      確か主人公は新井浩文でしたよね~
      和製『ファーゴ』(コーエン兄弟)やって噂は聞いたことあります。
      あと、実話なんスか?

      あはは(笑)
      くたびれた川越美和見たいっ!
      安藤玉恵の小学生役が気になるぅぅーっ!!( >_<)
      つか、安藤さん、当時そんな若かったっけ?(笑)
      僕が安藤さんで印象的だったのは
      『深夜食堂』の常連でストリッパーのマリリン松嶋役です(笑)


      あはは(笑)
      勢いでどんどん書いちゃってください!(笑)
      こういう話は大歓迎ですよ~(^^)




      2015/06/11
  • 満島ひかり=鉢矢りさ 原平助=錦戸亮=ベーやん えなりかずき えれなっち=中村静香 ドジっ子 なませ生瀬勝久 静岡県三島市 波留 ポロシャツ顔 ガールズバーという名のスナック 礼拝堂の家事 ロケット花火 今は 行けたら行くサンスクリット語 斉藤由貴 東高とんこうと三女の合併 パイオニア 生温い精神論 ひとりクローズ ろくでなしブルース路線 垂れ目 チャラ眉毛 猿 キングオブコント=ザビエル 観音菩薩が般若に やさぐれ 五反田キャビンアテンダント巨乳 ギャグは要らない エロ住職 世間では人格者として通っている 女子と書いて好きと読む 男子と書いて有りと読む 海老沢 あまりん バルって何? 箱根でやっと静岡出る 歯切れが悪い ドンマイ先生=坂井真紀 熱海…近いな… バーテン 三島コロッケB級グルメ ビルケンシュトック=トリンドル玲奈 サンダル バックトゥザフューチャー 三択じゃなくて二択 蔦屋智 どんな校歌だよ 知らぬが仏 みしまるくん ノンフィクションライター サンドウィッチマン冨田

  • クドカンドラマって事で見始めましたが。
    正直最初はあまり面白くないなーと思ってました。
    が、回を重ねるごとに面白さが増していきクドカンワールドにはまってしまいました(笑)
    コメディドラマはなごむね。

  • 満島ひかりにしびれっぱなし。

  • 面白い!さすがクドカン。プププゲラゲラと笑いたい人におすすめ

  • theクドカンドラマ!テンポと笑いと感動と。生徒役の役者さんたちがブレイクしてる!海老沢くんとあまりんカップルが好きー。

  • 楽しめましたけど、話が分散しちゃってたかなあ、という印象です。

    例えば、「あまちゃん」だったら、アキとユイがどうなるのか、といった太い1本柱があって、その周りで、脇役たちのエピソードもあって、といった感じだったと思うんですけど、「ごめんね青春」の場合、過去の学校の火事という1本柱はあるものの、学校が舞台のドラマだから、先生の話も大事だし、生徒の話も大事だし(しかも、学校だから、生徒は何人もいるし)、なので、すべてのエピソードが同等というか、みんなが同等に主役というか、際立った1本柱がないというか・・・。

    そんなことから、話が分散しちゃってる印象を受けました。

    学校が舞台のドラマだから、しょうがないとは思うんですが・・・。

    と、こんなことを書きましたが、けしてつまらなかったわけではないです。

  • 小ネタが面白くて毎回笑わされました

  • 録画を一気見!
    笑えて泣けて、みんな魅力的。やはり宮藤さん!
    特に満島ひかりが可愛すぎて釘付けでした。

  • 今回も小ネタが多いし、キャラが濃いし…で毎回笑わせてもらった。
    と思ったら時々自然と涙が溢れてしまう回もあったり(中井さんの転校や最終回)
    クドカンやってくれるなぁ!大好きだ。

    満島ひかりがぶっ飛んだ役でビックリした。ドンマイ先生の不倫騒動は笑ったなぁ。
    また録画した分を何度も見直そう♪

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする