カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ―(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (115ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学留年を選択し、親を激怒させ家出してきた先で読んで、いささか救われた本。いい子を演じ続けてきた登場人物の生きづらさ。反抗し、自分の意志を取り戻し、それがたとえお互いを傷つけることになろうとも、たとえ幸福でなくても、意味のあること。
    後半の、世界は自己の表象であり意味でしかない、とか、人を愛さないというくだりは、中島氏の視点に原始仏教と相通じるものを感じる。
    徹底したニヒリズムの中でどこかドロドロしていない優しさのようなものを心地よく感じる。
    読み終わった頃には、自分の中の押し込めていたものを正しく吐き出す勇気をもらえる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1946年生まれ。
東京大学法学部卒業。同大学院哲学専攻修士課程修了。ウィーン大学で哲学博士号取得。電気通信大学教授を経て、現在は「哲学塾カント」を主宰。専攻は時間論、自我論。
著書に『哲学の教科書』『「時間」を哲学する』『ウィーン愛憎』『「私」の秘密』『「純粋理性批判」を噛み砕く』『哲学塾授業』『差別感情の哲学』『不在の哲学』ほか多数。

「2018年 『カントの「悪」論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ―(新潮文庫)のその他の作品

中島義道の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ―(新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする