幸せが溢れたら(初回限定盤)

アーティスト : indigo la End 
  • ワーナーミュージック・ジャパン (2015年2月3日発売)
4.11
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4943674201693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テーマは恋する刹那さ、そして雨かな。

  • ゲスよりはこっちの方がまだいいかな
    絵音の声で他の曲聴きたい人向け

  • 1. ワンダーテンダー
    2. 瞳に映らない
    3. 夜汽車は走る
    4. 心ふたつ
    5. まなざしの予感
    6. 実験前
    7. ハートの大きさ
    8. 花をひとつかみ
    9. つぎの夜へ
    10. さよならベル
    11. 幸せが溢れたら

  • うーん、ゲスのほうがやっぱ面白いな個人的には。ただ、さよならベルは好き。

  • 男子のロマンシズム大爆発。延々と失われた恋の歌が続くので、好みが分かれるだろうなーという印象。これが成立してるのは、正直、絵音の容姿も関係すると思った。絵音が歌うから絵になる。

    個人的には、絵音が作る曲がやっぱり好きだと再認識しました。とにかくメロディの美しさと、楽器の暴れ方のバランスが好き。派手ではないけど、頭に引っかかるメロディがたくさんあって割と複雑な曲構成・メロディなんだけど、サビだけはすぐに歌えるようになるくらいキャッチーで、ずっと聴き続けてしまう。聴き続けてストレスにならないのも良い。ゲスと比べて、ファルセットが効果的にメロディに組み込まれていて、それがドリーミーな雰囲気作りに一役買ってるなと思いました。
    前作『あの街レコード』と比べて、曲の粒も揃っているし、曲順が良くてつるっと全曲聴けて、アルバムとしてのバランスも好き。

    ただ『あの街レコード』には「夜明けの街でサヨナラを」という、マジカルな1曲があったけど、今作にはそこまでの曲はなかったかなと思えて残念。「夜明けの~」は素晴らしいよね。やっぱり特別。

    あと気になったのは、indigoの歌詞って、大部分は小説のような創作ってことで良いんだよね・・・?最後の曲で”病”っていう現実的なワードが出てきたことにギョっとしてしまったので・・・。失った恋のことを歌いながらも、実態があるのかどうか分からないドリーミー感がこのバンドの魅力だと思っているので、”病”みたいなワードを使って、現実感を持たせるのは違和感を感じました。大好きな曲だけど「瞳に映らない」のPVもシチュエーションを確定してしまっているのが、想像の幅を狭めていて勿体無いと思ってます。絵音の意向なんだろうけど、でも勿体無いなー。

    もっともっと大きくなれるバンドだと思っているので、息切れせずに粘り強く頑張ってもらいたい。ライブが見てみたいです。さぞ、ロマンチックなんだろうなー。

全5件中 1 - 5件を表示

幸せが溢れたら(初回限定盤)のその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする