Number(ナンバー)870号 二十歳のころ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))

  • 文藝春秋
3.40
  • (0)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268510257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アスリートも何も関係無い。同じ「二十歳」、自分の可能性に人生にどこまで真剣に向き合えるか。出逢うべくして出逢ったと思った。

  • 20歳の頃 20歳ゆづについて

  • ちょっと前のNUMBERバックナンバー。美容院で読んでいたら、清原の最新インタビューが載っていてビックリ仰天。思わず通販で取り寄せてしまった。清原ってNPBの圧力でメディアから干されていたはずだけど、ものすごく真面目に自身の野球人生を振り返っていて、印象に残る記事だった。協会の圧力に屈しなかったNUMBER編集部は、メディアの鑑かもしれない。

  • 数々のレジェンドスポーツ選手の20歳の頃を振り返る企画。
    カズもよかった。貴乃花のよかった。
    でも、一番の衝撃をくれたのは、猪木と力道山の写真。
    よく格闘マンガで描かれる、付き人時代の写真です。肩揉みしてる写真。

  • Numberもう明日が次号の発売。



    年間購読を始めたので、今日ぐらい届くかもしれません。



    年間で買って、初めて〝当たり”と言ってよい号。



    こういうくくりネタの時はけっこう好きです。



    レジェンドアスリートたちの20歳の頃にクローズアップ。



    表紙にもなっているイチローやカズ、貴乃花の20歳前後の話は

    知っているものもあったけどそれでも興味深かったです。



    一番インパクトがあったのは金子達仁さんの中田ヒデさんについての記事。



    金子さんの中田さんとの出会いから蜜月、そして距離を取った理由。

    衝撃の告白に、息をのみました。



    これは保存版だなぁ~の一冊です。

全5件中 1 - 5件を表示

Number(ナンバー)870号 二十歳のころ。 (Sports Graphic Number(スポーツ・グラフィック ナンバー))はこんな雑誌です

ツイートする