思考は現実化する_アクション・マニュアルつき [Kindle]

  • きこ書房
3.84
  • (32)
  • (25)
  • (21)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 573
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (692ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の人生の教科書である。
    私の人生を大きく好転させるきっかけとなった本である。

    無論、私だけでなく幾億の人の幸福の手助けとなった本であるということも、周知の事実であるところだと思う。

    人は「自分が思い描いたような人間になる」というのは本書を手に取り、読み進めていくことですぐに明白になることだろう。
    人間の根本原理からひも解き、科学と実践哲学を実に見事に融合させ、「確実に成功する方法」を編み出した。

    世界的に有名な本書だがもっともっと世の中にこの思想を広めていくべきだと私は思う。学校に導入したとしたらこの上ない人類の発展が約束されるとすら思っている。
    自己啓発本の「集大成」といっても何ら言い過ぎではないだろう。

    本書の言葉の意味を真に理解し、熱意をもって行動すれば、必ずあなたが望んだ方向へ「思考は現実化する」と断言する。

  • この本が様々な自己啓発本の元祖であることは間違いない。ただ既に『7つの習慣』を始めとする後発本が乱立している中、やや迫力に欠ける内容となってしまった。

  • 成功哲学が詰まった本。
    真剣に成功を手に入れたい、人生を豊かにしたいなら読んで損することはないと思う。
    読み返すたびに、新たな発見がある。

    一章のまとめ

    成功した人たちの共通点は、諦めないこと。
    逆に失敗した人たちの共通点は、諦めたことである。

    成功は成功を確信する人のもとに訪れる 。少しでも失敗を意識すれば失敗する(引用)。

    自分を振り返ってみても、無理だと思ったことは失敗してきたし、絶対に成功させると強くて信じたものは成功してきた。

    そして、最初にしなければならないことは、目標や願望を設定することである。

    まずは、多くの人の役に立つような、正しい願望や目標は何かを真剣に考えなければならない。

  • Amazon Prime

    書いてあることはまあその通りなのだが、それができれば苦労は無いなあ。

    この書籍が書かれた当時はネット環境などがまだ整備されておらず、人に頼る部分が多く、人格(内面)に頼る部分が多かったと思う。

    今の時代は、情報処理能力の有無で仕事の結果は変わってくると思うので、やや一昔前に通じる内容かなぁとは感じた。

  • 買い

  • うーむ最初が長い(kindle)いったん退散。

  •  成功するためのノウハウをまとめた本。具体事例も豊富に交えつつ結構なボリュームで書かれているが、幹となる主張は極めてシンプル。
     ・大きな成功を得るには、まず強く願うこと
     ・強く願えば実現に向けた行動に変わる
     ・成功した自分のイメージを深く心に刻むことで、自信を持って行動を継続できる(深層自己説得)
     基本的に主張には同意。方向性だけ決めて現状から努力してやれるとこまでやるというスタイルもいいが、実現が難しい目標を達成するにはバックキャストのアプローチが大切だと思う。かなり長めの本なので、雰囲気を掴みながら流し読みでOKと思う。
     以下、メモ。
    ■成功哲学の原則
    ・明確な目標を持つ
    ・プラスアルファの努力をする
    ・調和の精神(感情をコントロールする)
    ・信念の現実化(必ずできると心の底から信じて行動すること)
    ・自己規律、自然の法則(よくわからない。。。)
    ■願望実現の6ヶ条
    ・願望を明確化する
    ・願望実現の代わりに差し出すものを決める
    ・願望実現の最終期限を決める
    ・願望実現までの計画を立て、すぐに行動に移る
    ・上記4点を紙に書く
    ・書いた内容を起床直後と就寝直前に声に出して読み、願望は既に実現したものと自分に思い込ませる

  • 7つの習慣同様にバイブル的良書。必読です。

  • 総じて「それな」って感じ。
    結局行動に移すかどうか。

    冗長で内容量は重くしんどかった。

  • 最近のある出会いがきっかけで手にした一冊。
    アメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーからの提案にのって、彼が見込んだ人物にインタビューなどをしながら、ナポレオン・ヒルが体系的にまとめあげた力作。成功のための17のステップと、巻末にはその実行を支援するアクション・マニュアルまで付いている。世に出ている自己啓発本の底本となっている書物のひとつ、と言ってさしつかえないだろう。

    誤解を恐れずに告白すると、実はワタシは本書に書かれてあるアクションの簡易版と言えるようなものを自身で実行していたことがある。そして、その時の思いが実現した、という経験を持っている。なので、本書の内容はかなりの説得力をもってワタシに迫ってきた。
    自己流の簡易版ではなく、本家のアクション・プランにしたがってやってみようかという気になっている一方、本書を読んでいる中で、自己分析の必要性を認識し、そしてその分析の方法について自分なりのアイディアが浮かんできた。
    まずはそこで自分の棚卸をして、その後に本家の教えをあらためて読み返してみようか。

全34件中 1 - 10件を表示

思考は現実化する_アクション・マニュアルつきのその他の作品

ナポレオン・ヒルの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

思考は現実化する_アクション・マニュアルつきを本棚に登録しているひと

ツイートする