おまえじゃなきゃだめなんだ (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (152ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとなく読み始めて
    スラスラと2日で読了

    前半部分は面白く引き込まれてしまうほどだったが、後半の短編は苦手な印象

    ラスト指輪のストーリー
    うどんを泣きながら食べる気持ち
    お婆さんがヒソヒソ声で話した過去

    好きでした



    読みやすいので、また角田さんの小説に
    チャレンジしてみたいかな☻

  • なかなかおしゃれな短篇集。タイトルの「おまえじゃなきゃだめなんだ」をみて、激しい恋のストーリーなのかしらんと思ってたけど、「おまえ」がまさかアレとはね。。。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

角田 光代(かくた みつよ)。
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。

おまえじゃなきゃだめなんだ (文春文庫)のその他の作品

角田光代の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

おまえじゃなきゃだめなんだ (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする