共産党宣言 (岩波文庫) [Kindle]

  • 岩波書店
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (175ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マルクスとエンゲルスの思想体系をコンパクトにまとめた「社会主義の不滅の古典」(解説)。

    序文によれば、共産党宣言を通底する基本思想とは、その当時までの「全歴史は…階級のあいだの闘争の歴史であった」ということと、プロレタリア階級の解放をすべての社会で同時に行われなければならない、ということの2点のようだ。およそ人びとの間には利害の対立が存在していることを考えれば、社会では常に「闘争」が存在するという観察はそのとおりだろう。しかし、そうだとすれば、プロレタリア階級の解放はきっと新たな「闘争」を生むことになるのではないか?そういう素朴な疑問を感じさせる内容だった。

    個人的な感想として、経済学からの批判(私的所有権の廃止が生産へのインセンティブを弱める)に対して「この考えにしたがえば、ブルジョア社会は、怠惰のためにとうの昔に破滅していたにちがいない。なぜならば、この社会では、働くものは儲けない、儲けるものは働かない、からである。」と答えるのは詭弁以外の何物でもないだろう。労働者だって、より働くことで多くの賃金が得られるわけで、それが立派にインセンティブになっているはずだからだ。2章の内容は読んでいて首をかしげる記述が多い。また、時代背景を考えれば仕方ないのだろうが、本書では「労働」ということばで「肉体労働」だけを指しているように感じられる。より価値の高い知的労働によって多くのお金を得ることも「搾取」と見なされてしまいそうだ。

  • とりあえず読んどけ的に。

全2件中 1 - 2件を表示

共産党宣言 (岩波文庫)のその他の作品

マルクスの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする