グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [Blu-ray]

監督 : オリヴィエ・ダアン 
出演 : ニコール・キッドマン  ティム・ロス  フランク・ランジェラ  パス・ベガ 
  • ギャガ (2015年4月24日発売)
3.33
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921400855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オスカー女優のグレース・ケリーはモナコのレーニエ大公と婚約し公妃となった。
    そんなある日、フランスのド・ゴール大統領が過酷な課税をモナコに強要し、承諾しなければ「モナコをフランス領にする」という声明を出し、レーニエは過去最大の危機に直面してしまう・・・。

    なかなか良かったけど、ちょっとストーリーが薄っぺらいような気がした。

    肝心のスピーチのシーンもシックリこなかったな~

    もうちょっと深く掘り下げて欲しかった。

  • モナコ大公レーニエ3世との世紀の結婚から6年。
    グレース・ケリーはいまだに宮中のしきたりに馴染
    めず孤立感を募らせる息苦しい毎日を送っていた。
    そんな時ヒッチコック監督から女優復帰をオファー
    され心揺れるグレース。
    ところが折しもフランスのド・ゴールド大統領の苛
    酷な課税強要によりモナコは国家存在の危機に直面
    してしまう。
    モナコ公妃としての心の葛藤と国家存在の危機回避
    に尽力した彼女の知られざる秘話をハリウッドスタ
    ーからモナコ公妃となった伝説の美女グレース・ケ
    リーをニコール・キッドマンが演じていました。
    観たかった作品だったので観れて大満足でした。
    ただ、ニコール・キッドマンが美しすぎて夫を演じ
    たティム・ロスとは不釣り合いな気がしました。
    モナコの景色も美しく私は好きな作品です。

  • いまいち、パッとしない。
    風景が悪いわけでもない(寧ろ良い部類に入るんだろう)、主演はニコール・キッドマン、題材も劇的。
    しかしながら、公妃がニコール・キッドマンである必要性を感じさせないし、
    こういってはなんだが…写真で見るグレース・ケリーの方が、より公妃らしい美人だ。
    少しずつ色々と足りない結果、こけた印象。

  • TOHO CINEMAS  2014/10/20  

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする