へヴンリー・ブルー [Kindle]

著者 :
  • RANGAI文庫
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (129ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 三月の三日月なにもなしえない道のはたてのそらの切り傷
     挫折後の痛み、閉塞感だろうか。
    満ちてくる光の中で口ごもるなにかさびしいきみのひとこと
     良いシーンだが、「さびしい」と書いてしまっては惜しい。
    均されてしまった土の中に尖った小石が混じっている すこし輝く
     尖っていたい年齢、世代なのだろう。
    まっすぐにまっすぐにゆけ/この夏の終わりの道を/たったひとつの
     青春の一途さは、挫折した時が怖い。
    そのままに/そのままに/ただそのままに/僕らの生をいまそのままに
     現状保持の感情だろうか。繰り返しは試みだろうが、成功していると言いがたい。
    壊れてよ もっと壊れて どこまでも壊れ果ててよ 解体屋です
     破壊ではなく、形成する事が大事と、僕は思っている。
    此の中に在るものはただ単に愛といいます それ以外無い
     愛を口実に、壊してはいけない。

全2件中 1 - 2件を表示

早坂類の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×