志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 実業之日本社
4.11
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (279ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こと仕事に関しては何とかなるだろ精神でいるからそれじゃダメだと痛感させられた。あとがきの柳井さんの言葉にもあったけど、自分がどれだけ挑戦出来るか。失敗してもくじけずに、『志を高く』持ってどれだけ挑めるか。もう20代も終わるんだから本当の一人前にならなければと、刺激を受けた。

  • 孫正義伝の電子版を読んでみました。

    とにかく行動的で頭も良く、先を見通す力もあると言う事はわかりました。

    しかし、読み物としては自分的には期待してた感じじゃなく、イマイチ入り込めなったです。
    なんだろう?
    表現がいけないのか、ストーリー性が乏しいのか…

    よく分からないけど、途中で読むのが苦痛になっちゃった…

    もっとストーリー性のある書き方にした方が好みだったです。


    この本を読んで気に入ったフレーズを上げときます。


    ◇他人を貶し、責めたところで進歩はない。

    ◇どんな苦境に立たされても、けっして取り乱さない。
     そしていつも出処進退を誤らない。

    ◇人生でいちばん悔いが残るのは、挑戦しない事です。

  • 読んでてジーンときて涙出そうになった。

  • 人を惹き込む持ち前の魅力で、シャープ、上新電機、ハドソンらを魅了し、飛躍のきっかけを得た若年期。 稲盛氏に“食われた”苦い経験。 アスキー西氏との激突。『苦労は楽しんでしないと、人間的成長がない。』その生き様が綴られる。 何度か、改訂・updateが加えられた、最新版を読むに、孫正義ならではの、継続的な前進・成果をより実感す。 あとがき、柳井さんの檄もまた良い。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

井上篤夫 いのうえあつお
作家、翻訳家。早稲田大学在学中から執筆活動を始める。欧米を中心に、時の人物を深く掘り下げた評伝を数多く出版、翻訳の分野でも活躍している。
1987年、マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長、CNNのテッド・ターナー会長などをインタビュー『若きアメリカ企業の勝利者―12人からの直言』を発表した。1990年から3年間ボストンに住んで『ボストンに友情あり』を著した。
代表的な著作にベストセラー『志高く 孫正義正伝 新版』(実業之日本社文庫)、本邦初の評伝『素晴らしき哉、フランク・キャプラ』(集英社新書)、『ポリティカル・セックスアピール 米大統領とハリウッド』(新潮新書)がある。
2011年、NHK-BSハイビジョン「永遠のヒロイン」で放映されたヴィヴィアン・リー、マレーネ・ディートリッヒ、キャサリン・ヘプバーン、イングリッド・バーグマンの4大女優の番組内容に加筆して『永遠のヒロイン~ハリウッド大女優たちの愛と素顔』(NHK出版)を著す。
翻訳に『ミシェル・オバマ ~愛が生んだ奇跡~』(アートデイズ。訳・解説)。マリリン・モンロー没後50年、遺稿集『マリリン・モンロー 魂のかけら』(青幻舎。訳・解説)。ネイティヴ・アメリカンの生き方を描いた詩『今日という日は贈りもの』(角川文庫)他多数。
配信サイト「アップストア」で最初にダウンロード数が1万を超えたのは、『志高く 孫正義正伝』(実業之日本社)である。英語版電子書籍、Aiming High - A Biography of Masayoshi Son [iBooks Edition](You Teacher)をリリース。
2017年には、児童書『とことん 孫正義物語』(フレーベル館)を出版した。

http://www.ainoue.com

志高く 孫正義正伝 新版 (実業之日本社文庫)のその他の作品

井上篤夫の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする