天体議会 プラネット・ブルー (河出文庫) [Kindle]

著者 :
  • 河出書房新社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長野作品の素晴らしさがこれでもかというくらいにぎっしり詰まった短編作品。
    これといった出来事はない、ただ1年を通して仲が良いふたりの少年が新学期に学校に行ったり、天体観測をしたり、ちょっと悪いことをしたり、お祭りに行ったり、喧嘩したり、放課後寄り道をしたり、兄弟関係の悩みを打ち明けたり、本当にただそんな感じのこと。それがすごく良い。長野さんの独特な文体が、そういう何気ない日々の小さな出来事を何とも鮮やかで楽しげに見せてくれる。そして、この人が書く少年たちはどこまでも女性が理想として見てしまうような、そんな少年たちで。
    こういう作品、また出してくれないかなあ、とひそかに願ってしまいます。

  • 再読

  • 遙か昔、中高あたりから何故か持っていた古本の長野まゆみ作品、そろそろ読まねばと大学でここぞとばかりに一気に読了。銅貨と水蓮がかわいかったが、耽美な世界に興味がないせいかあまり他のファンの方のように熱狂的に好きにはなれなかった。ドラマCDはすごく良かった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

東京生まれ。女子美術大学卒業。1988年『少年アリス』で文藝賞を受賞。2015年、『冥途あり』で泉鏡花文学賞、野間文芸賞を受賞する。『新世界』『となりの姉妹』『箪笥のなか』『よろづ春夏冬中』『メルカトル』『カルトローレ』『45°』『ささみみささめ』『兄と弟、あるいは書物と燃える石』『フランダースの帽子』『左近の桜』シリーズなど著書多数。

天体議会 プラネット・ブルー (河出文庫)のその他の作品

長野まゆみの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

天体議会 プラネット・ブルー (河出文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする