トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術 [Kindle]

著者 :
  • サンマーク出版
3.08
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (154ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 書いてあることは誰もが同意する。
    しかし、多くの大企業の幹部が実践できないことである。
    報告側は1枚にできる。しかし幹部側がそれを許容できない。あら探しのように重箱の隅を知りたがる。
    幹部側の意識や行動改革に関するノウハウを知りたかった。

    共感した文言は、
    「Whyを追求しすぎると動けなくなる。Howを追求すべし。」
    である。
    行動してみないとわからないことが多い世の中。
    Whyを一定時間考えたら、Howを考え、行動し、走り続ける中で事業の足腰が強くなっていく。

  • 正直あまり期待せず読み始めたけど思いのほか有用できそう。フレームワークはワンパターン化してしまうイメージだった(学校のプリントみたいなイメージ)けど、恐れず使いこなしてみたい。トヨタの名前を借りなくてもいける本。

  • 途中までしか読んでない。

  • ・読んでわかるではなく、見てわかるがポイント

    ・共通のテーマ・・・目的、現状、課題、対策、スケジュール。これで仕事の型がつかみやすくなる。

    ・いつまでもダラダラ考えてまとまらないことを避けるため、書き出すさぎに時間制限を設ける。

    ・まとめるときのキーポイントは「ひとことでいうと?」

  • 紙1枚にまとめて、考え方や情報整理、情報の表し方を学ぶ本。 叩き台をつくったり、雛型を作るところは参考になる。

  • 2015年1月

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

「1枚」ワークス(株)代表取締役

「2018年 『–超訳より超実践– 「紙1枚!」松下幸之助』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術のその他の作品

浅田すぐるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
リンダ グラット...
ウォルター・アイ...
マルコム・グラッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする