大地 第一部 [Kindle]

  • グーテンベルク21
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (383ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 名作と呼ばれる小説、特に海外の作品を、これまであまり読んでこなかったなあと、反省しています。
    とある場でこの作品が紹介されていたので、「この機会に」と思い、電子書籍版で読むことにしました。
     
    時代は清朝の終わり、中国北部の農村のシーンから、物語は始まります。
    畑を耕して生活している「王龍」が、主人公。
    父と二人で生活していた彼が、妻を娶ります。
    家族ができて暮らしが変わり、次第に大きな土地を、耕すようになる王龍。
    しかし、作物が全く育たない年が来て・・・という展開。
     
    大地に作物を植えて、その収入で生活する。
    そんな王龍の生涯を、読者が一緒に体験していくような形で、進んでいきます。
     
    文庫版三部に渡る大作ですが、第一部では以下のようなことを考えながら、読み進めました。

    ・畑を耕して生きていくというのは、どのような日常なのか
    ・中国北部の農村と南部の街の、生活の違い
    ・近代化と外国の影響が入り込む、清朝末期の街の雰囲気
    ・生きるか死ぬかの生活の中で、どこまでが許されるのか、何をしてはいけないか
    ・街の生活の豊かさと怖さ
    ・幸せが来れば災いが来る、災いが来れば幸せが来る
    ・成功者、特に男性が陥りやすい罠
    ・老いるとはどういうことか、平安な心を保つことはできるのか
    ・成功者の孤独

    1931年に発表された作品ということで、登場人物の会話の古めかしさや、差別的な表現は気になりました。
    しかし話の展開もテンポ良く、退屈さを感じないまま、読み進めることができました。

    三部に渡って書かれるであろうと思った内容が、この第1部で書かれていました。
    この後どのような話が待っているのか? 期待して第2部を読みたいと思います。

  • 有史以降女性は男の奴隷だった。パートナーになることはないのか?

    何も持たない男が、血反吐をはくように生き、土を愛し、土に生きる
    その子どもの男たちは、無学な父の用のために教育を受ける → 父のような訛りもなくなり、裕福な地主の子らとなる
    父の土地は広がり資産を生む、世代間の溝も生む

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

中国の人々を同胞とし、その文化を紹介、中華人民共和国がいずれ世界の大国となると予見した先駆けの人。生後三か月で宣教師だった両親と中国に渡り42歳まで過ごす。コーネル大学より英語学で修士号を取得。1917年に農業経済学者と結婚、南京の北西の寒村に暮らした経験をもとに1931年に『大地』を著す。1932年にピューリッツア賞、1938年にノーベル文学賞を受賞。1934年、日中戦争の暗雲が垂れ込めると米国に永住帰国。以後、執筆活動に専念し、平和への発言、人種的差別待遇撤廃、社会的な貧困撲滅のための論陣を張った。1941年にアメリカ人、アジア人の相互理解を目的とする東西協会、1949年に国際的養子縁組斡旋機関ウェルカム・ハウス、1964年に養子を生国に留めて保護育成することを目的とするパール・バック財団を設立。1973年、米国バーモント州で80歳の生涯を閉じる。

「2019年 『終わりなき探求』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パール・バックの作品

大地 第一部を本棚に登録しているひと

ツイートする
×