[まとめ買い] アドルフに告ぐ

著者 :
3.80
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3人のアドルフの物語。
    各々でストーリーは進み、それがやがて一本の糸になるというのが面白かった。
    また、歴史など全く興味がなかったけれど、ラストまで読むと複雑な気持ちになる。
    迫害されていた側がやがて迫害する側に回ることもあるし、迫害していたそもそもの側も元を辿れば……等となったり。
    今まで歴史などに興味がなかったが、この作品でちょっと興味が湧いた。

  • ブラックジャック、鉄腕アトムなど、誰もが名前を耳にしたことがある作品しか読んだことがなかったため、今回手にとってみた。

    3人のアドルフ(ヒトラー・ユダヤ人・ドイツと日本人のハーフ)が織り成す物語は、怪奇な運命を描くとともに、戦争の悲惨さを訴えるものだった。

    単に人の生き死にだけでなく、幼少期をともに過ごした"アドルフ"たちに起きた人格の変化も、戦争が引き起こした悲哀だと感じる。

    当時に関する知識があまりなく、どこまでが現実に沿った内容かはわからないが、二度と起きてほしくないものであり(現代も多くの内戦やテロはあるが)、だからこそ深く知っていこうと思える作品となった。

全2件中 1 - 2件を表示

手塚治虫の作品

[まとめ買い] アドルフに告ぐはこんなその他です

外部サイトの商品情報・レビュー

[まとめ買い] アドルフに告ぐを本棚に登録しているひと

ツイートする