アンナプルナ南壁 7,400mの男たち [DVD]

監督 : パブロ・イラブ  ミゲルチョ・モリナ 
出演 : イナキ・オチョア・デ・オルツァ  ウーリー・ステック  ホリア・コリバサヌ  デニス・ウルブコ 
  • ポニーキャニオン (2015年6月2日発売)
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013256286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 登場人物が多すぎて何が何だかわからない。

  • 全部インタビューかよ!
    楽しみにしてただけに残念過ぎる!

    ストーリー
    “キラー・マウンテン(死の山)”と呼ばれるアンナプルナ。世界で最も危険な山として知られ、登山者の5人に2人が命を落としているという。
    特にアンナプルナ南壁は、世界で最も危険なルートと言われ、山頂まで8,000mの道程の中、標高7,500m地点で7キロも続く尾根を横断しなければならない。
    2008年5月、スペインのベテラン登山家イナキ・オチョア・デ・オルツァは、頂上に向かう途上で高山病に襲われるという危機的な状況に陥り、
    同行者のホリアがSOSを発した。その報を受けた世界10カ国の12人の登山家たちは、自らの死をも覚悟するほどの危険な場所への救出活動に出向いた。
    2013年10月にアンナプルナ南壁単独登頂に成功したスイスの登山家ウーリー・ステックは、自らの登山プランを断念してまで参加した。
    ほかにも2014年ピオレドール賞審査員に選ばれたロシアの登山家デニス・ウルブコ、さらには2013年5月にエベレストで亡くなった、
    ロシアを代表する登山家アレクセイ・ボロトフなど、数多くの世界的に有名な登山家たちが躊躇なくアンナプルナへ向かったのだ。

全2件中 1 - 2件を表示

アンナプルナ南壁 7,400mの男たち [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする