夜のピクニック(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.94
  • (107)
  • (135)
  • (80)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 1594
感想 : 129
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (363ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 歩行祭。80kmもの距離をひたすら歩き続けてゴールを目指す。
    そんな行事過酷すぎる!しかも高校生に!…と思ったり。

    24時間マラソンを大人が走ってもヘトヘトになるのに、なんの鍛錬もしていない高校生が完走するなんてすごい世界だ。

    なんとなく遠足気分で楽しそうにお喋りしてた子達も、バテて喋るのが億劫になる。
    会話がままならなくなる。
    それでも道が続く限り、歩き続けなければならない。

    その逃げられない過酷さや、彼らの疲れが読み手にもズッシリと伝わってくるのだ。

    彼らの高校生らしい恋愛話や秘密ごとには、なんとなく懐かしさを思い出す。
    それぞれの青春の仕方が青臭くて、懐かしさの向こうにあるほろ苦さも感じることができた。

    —————-


    クラスメイトには異母兄弟であるとこを秘密にしてきた、融と貴子。
    お互いずっと触れられないように振舞ってきたのに、「どこか似ている」と言われたり、行動が裏目に出たり。

    歩行祭を終えて、色々なしがらみを振り切った2人の関係が今後いい方に向かいますように。
    読者が祈っても仕方ないが、今まで辛かった分、どんな形でも幸せが訪れてほしいなと思った。

  • そうきたか~
    第一印象とまったく違う展開。
    確かに、人生にはいろいろなイベントが多い。敢えてつらいこと、厳しいことにチャレンジすることは、それだけ大きなものが返ってくる、ということなのでしょうね。とってもうまいです。こういう本を読み続ければ、もっと人間大きくなれるだろうか?そう信じたい。

  • まさに青春。
    ストーリー展開的にも高校生ならではの様々な葛藤があり、年を重ねた今この作品を呼んで当時の思い出が甦る。
    名作だと思います。

  • 関東沿岸部の某県の進学校である北高には、全校生徒が朝八時から翌朝八時まで仮眠と休憩を挟んで80kmの距離を歩き通す年一回の恒例イベント『歩行祭』があり、本作はこの『歩行祭』の一日を通し、受験や卒業、大学進学を控える高校三年生たちにスポットを当てています。

    物語は同じクラスに所属する、甲田貴子と西脇融の男女の高校生によって語られ、この二人の視点が章ごとに交互に入れ替わる構成を取っています。そしてこの二人には実はある特殊な関係性があり、この関係性を最も重要な軸として、他校の女子生徒を妊娠・中絶に追いやった生徒の存在、在籍しないはずの謎の少年の登場などを変数として浮上させながら、高校生の恋愛模様や友情関係を描くことを通して、長い一日を辿ります。

    語り手となる二人を除く主要な人物としてはそれぞれ、貴子の親友の遊佐美和子と融の親友として戸田忍が挙げられます。そして、貴子と美和子の親友であり、今は海外に暮らす榊杏奈も回想のみでありながらも重要な役割を担います。このほかに十名ほどの人物が登場して脇を固めますが、貴子と融の一部の親族がやはり回想で現れることをを除けば全て高校生であり、教師を含めて名前を持つ大人が一切現れないことも特徴のひとつです。

    進学校を舞台に、一部は無自覚ながらも異性から好意を持たれるような魅力と容姿を備える少年少女をメインに据えた本作は、学園の主役となりうる高校生たちを対象として描くことが主眼となっています。彼ら高校生たちの人物造形は一般的な少女漫画のそれに近く、主要人物たちにはトボけた味は出しながらも人格としては何の問題もなく理想的に描き、道化役や性格に難のある生徒などは、あくまで引き立て役としてその役割に留め置かれ、深みや人間関係の陰影を追及するような意図は特にありません。

    これらから簡単にまとめれば、ささやかな悩みはありながらも基本的には順風満帆な"リア充"高校生たちの学生生活の輝ける一日を、軽くて爽やかな少女漫画寄りのタッチで『歩行祭』というイベントを使って切り取ってみせたエンタメ作品とみて良さそうです。それだけに本作を楽しめるか否かは、憧れも含め、読み手にとって学校生活がどのような意味を持つかに左右されそうです。

    佐藤優さんの推薦から読みました。予想とは違う内容でした。

  • まさに、青春の一番いい時を描いてるなぁと。
    自分もあの頃に戻りたい。
    なんだかんだ、この時期が一番楽しいんですよね。
    歩行際というイベントはメチャクチャハードでしょ。
    でも実際にやってる学校あるみたいですね。

  • 昔にも読んだけど改めて。多分この本にインスパイアされたイベントが通っていた大学であって、夜のピクニックみたいと思った覚えがあるので思い出深い作品です。ちなみにその時一緒に歩いたのがきっかけで交際した人が今の夫です。ただ歩いただけだけど、夜歩くととても思い出に残ります。作品は、高校生の心情を細やかに表現したもので、名作です。そのうちこどもにも読ませたいです。

  • 2005年本屋大賞受賞作。24時間かけて80kmを歩く高校行事「歩行祭」=夜のピクニック。淡々と歩いているだけなのに、そこでのやりとりから「青春の揺らぎ、煌めき、若さの影」を的確に描いている本。ノスタルジックな描写に、高校時代自の甘酸っぱさが加わり、何とも言えない気持ちになる。昔の自分にタイムスリップできる作品。
    貴子・美和子・融・忍をはじめとする人物描写や伏線の回収の仕方がさすが。青春小説の名作と呼ばれるだけあり、読後の清涼感も高い。
    高校時代に読みたかったなと思った。

  • 精神的にも未熟な思春期の高校生の感情が、丁寧かつ濃やかに描写されている。

    そのためか、「自分も当時同じことを感じてたなぁ」と共感できる部分も多かった。
    さらに、ぼんやりと感じていて上手く表現できないことを、この小説ではそれを代弁してくれているように感じ、自分の気持ちに対する解像度が上がったように思った。(大袈裟かも 笑)

  • 「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」

    夜を進む、生徒達の足。

    仲良しのテンポで進む足。
    ぎこちない距離を保つ足。
    想い出作りに接近する足。
    駆ける足。秘密を運ぶ足…

    永い永い、一瞬の夜。

    並んで歩く、足と足。

    /////

    第二回本屋大賞受賞作!
    …とはつゆ知らず読了。なんという素敵本。

    高校生活最後のイベント「歩行祭」
    一冊丸ごとひたすら歩くだけ。それだけなのに溢れて止まらぬカタルシス。青春ってつまりこういう事だな…

    止まらない時の流れに燦然と輝く〈一瞬〉に想いを馳せてはその静かさに胸が詰まる傑作!

  • 前回読ませて頂いた「蜜蜂と遠雷」がとてもおもしろかったので、恩田陸さんの作風に惹かれ、図書館で出会った「夜のピクニック」を予備知識無しに一気読みしました。

    感想を一言で表すなら「爽やか」。読み終わった後のスッキリした爽快感は、「蜜蜂と遠雷」と相通じるものがあると思います。

    登場人物達の置かれた立場だけ見れば、相当ドラマチックでドロドロした人間関係になってしまってもおかしくない内容なのに、実に爽やかに表現され描かれています。

    腹違いの兄弟と偶然同じクラスになってしまったけれど、ずっと会話することもなく、お互いに一定の距離感を保っていた二人が、高校最後の行事で初めて言葉を交わす…なにがきっかけで、どんなタイミングで、何を話すのか…気になってどんどん読み進めてしまい、あっという間に読み終わりました。

    一歩間違えて、タイミングがずれてしまったら、そのまま最後まで言葉を交わさずに卒業してしまって二度と会うこともなかったかもしれない…友人の一人忍くんが言った一言「世の中、本当にタイミングなんだよな。順番といってもいいけど」がとても深かったです。

    順番が少しでも違っていたら、海外の友人のかけた気の利いたとても計算されたおまじないがなかったら…何もかもが違う景色になっていたと思います。

    爽快感と共に、今この瞬間は今しかないと再認識させらせました。日々大切に生きていこうと思います。明日何が起こるかわからないし、自分のする選択で未来がガラッと変わる可能性だってある!そう思います。

    読み終わってから知ったんですが、本屋大賞を受賞した作品で、映画化もされているそうなので、いつか映画も見てみたいです。

全129件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』で、「日本ファンタジーノベル大賞」の最終候補作となり、デビュー。2005年『夜のピクニック』で「吉川英治文学新人賞」および「本屋大賞」、06年『ユージニア』で「日本推理作家協会賞」、07年『中庭の出来事』で「山本周五郎賞」、17年『蜜蜂と遠雷』で「直木賞」「本屋大賞」を受賞する。その他著書に、『ブラック・ベルベット』『なんとかしなくちゃ。青雲編』『鈍色幻視行』等がある。

恩田陸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×