珈琲いかがでしょう 1巻 (マッグガーデンコミックスEDENシリーズ) [Kindle]

  • マッグガーデン
3.80
  • (27)
  • (33)
  • (27)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 428
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 珈琲を飲む、というのは日常からのちょっとした逸脱。
    そういう気分が全ての話に満ちていると思う。

    日本のペーパードリップの珈琲文化は研ぎ澄まされて独自の進化を遂げているというが、その一端が味わえるような気がするのも魅力。

  • ほんわかしているようでところどころ闇も垣間見え
    筆者らしい世界観だと思う。

    限界にある女性たちをコーヒーで間接的に救うエピソードが良かった。
    現実に、こういうことはある。
    なんでもない些細なことで、救われて立ち上がれる。

    レイは酷い女だが、気持ちはわからないこともない。
    どんなに吸収してた気になっても
    うまいこと外に絞り出せなくちゃ何の意味もない
    というのはそのとおりだ。
    うまくなくても絞り出すのも本当は大事だと思う。

  • アマプラで読んだ。
    絵が不思議なかんじ。
    簡単に描けそうでたぶん真似できない。

    ドラマを見たあとだったんだけど、少しドラマ違うね?(でももう中村倫也で再生されてしまうけど)
    漫画のほうがよかった。

    珈琲がらみのお話なんか好きなんだよね
    男の子とおじいさんが仲間外れをしてる話がなんか泣けた。大人になっても変われないの、って泣く男の子にいいとこ見せたる!てなるのいいね。

    夢見て東京いって落ちぶれる話はリアル。というか何歳かわからないけどそこから立ち直れるなら確かにある意味才能あると思うよ…

    青山さんは人殺し…?
    続き読みたい!無料公開して!

  • 電子書籍の無料期間を利用して一気読み。人間関係に悩める女子を珈琲屋オーナーさんがまったり解決に導いていく・・・だけの話かと思いきや、後半、オーナーの正体に迫る任侠モノの展開にどんどん引き込まれていった。以前一巻だけを読んだときにはわからなかった面白さだった。各ストーリーも良い意味で期待が裏切られて、通り一遍のお話じゃないなと思う。メディアにも話題にならないのかなと思っていたら、今年ドラマ化の予定なんですね。

  • 叩き落としたあと、光は小さいけれど確かにあるんだよと言ってくれている感じ。大概は小さすぎて見落とすけれど、ちゃんとある光

  • 全巻読了済み。

    Twitterの広告で見かけて気になって購入したけれどいい感じに毒があって楽しい漫画だった。
    中村倫也氏だろうな、と読みながらイメージしていただけに実写にて本当に彼がやると聞いて作者さんイメージされていたように思うから単純に楽しみです。

  • 全3巻、読了。

  • 期待せずに読んだが、面白かった。ドラマは機会があったら見てみるかな。ボカロの平成のロック♪死ねばいいのに~、が出てくるとはw

  • 珈琲をきっかけに、様々な悩める人たちの問題を解決したりしなかったりするお話。
    どことなく感じるダークっぽさというか、皮肉っぽいカンジが良い。
    黒執事とか、ラブホの上野さん的なやつが好きな人は好きかも。でも、そこまで人間離れしていないというか、3巻で特に見せる情の厚さが、人間くさくてとても良かった。
    ガッツリ下ネタもあるので、そこがオッケーならおすすめ!

  • 流石の読み応え。何者にもなれなかった女の話が胸にささる。

全32件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2004年にデビューしたマンガ家。『Elegance イブ』にて連載中の「凪のお暇」は「このマンガがすごい! 2019」女部門第3位を受賞し、150万部を超える大ヒット作に。ただいま仕事部屋のDIYにドハマり中。島耕作と豚が大好き。

「2021年 『黄昏てマイルーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コナリミサトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ナガテユカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×