青の嗜虐 緑の被虐

  • OperettaDue (2015年7月31日発売)
  • Windows
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4580389880142

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・公式通販特典「悪い猫(ジャーダ)」※未聴
    ・シーガル特典「ご主人様と散歩(エドアルド)」
    ・ステラワース特典「束の間の戯れ(シェルタ)」

  • ビジュアルMIXドラマ…つまりは絵付のシチュエーションCDです。
    一般的な乙女ゲーのような形ではなく、かまいたちの夜のように画面全体に文章が表示されるスタイルです。
    キャラとストーリー合わせても結構特殊な設定でドMとドSが混在する凄い挑戦的な内容で、正直なかなか斬新だと驚きました。
    二人の攻略相手、彼ら自身には全く繋がりはないものの後々分かってくる主人公を巡る関連性、そして間に入ってくるシェルタの底知れなさがストーリーを盛り上げてて面白かったです。
    全体を終わらせてシークレットまで進めてみましたが、結構筋書きがしっかりしていて纏まりもあったと思います。最初の印象とは結構変わってよかったです。
    ただ、恋愛シミュレーション系にしては珍しいタイプのプレイもあったので若干過激な印象でした、ふんわりした恋愛シミュレーションをお求めの女性には向かないです。

    ストーリーのコンセプトやキャラの性格としては一貫しているのでいいとして、個人的にはシステム面がかなりきになるように感じました。
    ここからはゲームであるビジュアルMIXディスクについてになりますが…オートにしてしまえば基本的に操作する必要がないのは聞き流せていいのですが、文章量が意外とある割に台詞以外は結構速いスピードで飛ばされていくので全文をきちんと読むためにはオートを解除しないとならず非常に中途半端な造りです。
    しかも好きな時に好きなペースでクリックしてある程度飛ばすようなこともできないのでせめてカスタムが出来るようにしてほしかったとは思いました。
    まぁ、この作品はCDもついていますのであくまでビジュアルMIXというオマケとして楽しむのなら問題ないかとおもいます。
    私の場合はこのゲーム部分が本命だったし、せっかく絵も綺麗で話も思いのほか面白かったのでもったいないと感じ、せっかくならCDかゲームかどっちかに的を絞りもう少し充実してくれればと感じました。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

青の嗜虐 緑の被虐を本棚に登録しているひと

ツイートする