トゥ・ピンプ・ア・バタフライ

アーティスト : ケンドリック・ラマー  ジェイムズ・フォンテレロイ  ラプソディー  ジョージ・クリントン  ビラル  ロナルド・アイズレー 
制作 : K.ダックワーズ  D.パーキンス  マシュー・サミュエルズ  T.マーティン  C.スミス 
  • ユニバーサル ミュージック (2015年5月19日発売)
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005846709

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 英語がわからない以上、海外のヒップホップでの関心はビートとリズムとしてのラップ。
    歌詞としての魅力はまったく感じられないわけで、
    この時点で大きな損をしていることになるのだが、
    だいたい女とドラッグとサグライフなので、逆に知らないほうが良いくらいに思っていた。

    が、ことケンドリック・ラマーに関しては英語が分からないことをつくづく残念に思う。
    歌詞の内容がどう、というのもなくはないが、それよりは自由自在な発声。時にだみ声になったり、ふにゃふにゃになったり、シャウトだったり、これがリリックと絡むことでどんな効果を生んでいるのか感じたい。
    トラックはいい意味でスタンダード。ジャズを大幅に取り入れることで時代性から脱して、賞味期限の長いビートに仕上がっている。
    Arlightなんて、複雑だけど非常にシンプルに聴こえる。

    世紀の傑作、とまでは言いがたいが、良作なのは間違いない。

    動画を見る限り、ライブもめちゃくちゃイイ。生バンドなのが特に。今一番見たい人。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Great Track 10/16
    Good Track 10/16

    【採点基準】
    Goodが
    0割・・・0点
    1割・・・1点
    2−3割・・・2点
    4−6割・・・3点
    7−8割・・・4点
    9-10割・・・5点

    これを基準にアルバム全体の流れ、クラシックの有無で判断

  • もう、考えられないくらいハイパーなラッパー。ギャランティ!トラック15はブッ飛んでる

全2件中 1 - 2件を表示

トゥ・ピンプ・ア・バタフライのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

トゥ・ピンプ・ア・バタフライを本棚に登録しているひと

ツイートする