ラブ・アクチュアリー [DVD]

監督 : リチャード・カーティス 
出演 : ヒュー・グラント  リーアム・ニーソン  エマ・トンプソン  アラン・リックマン  コリン・ファース 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015年6月24日発売)
3.65
  • (4)
  • (10)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :104
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102314460

ラブ・アクチュアリー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • クリスマスはやっぱり恋を進展させる力があるよね✨ 特別な日だね 2016.10.12

  • 期待したほど面白くなかった。

  • 一つ一つのラブストーリーはたわいもなく陳腐にもみえるかも。でもラブストーリーが苦手な私にも「クリスマスの奇跡」というフィルターを通してとても素直に観ることができた。
    おじさん達が可愛くみえて素敵。有名な俳優がいっぱい出てるけれど(大好きなアラン・リックマン、コリン・ファース、マーティン・フリーマンも出演)、一番輝いていたのはロック・スター役のビル・ナイ。しょぼくれ具合と皮肉屋で毒舌家ぶりがハマって、ほんとに応援したくなる。

  • クリスマスイヴの夜に、うだうだしながらこの映画、って、いつか読んだ漫画でそんな話が…
    ばらばらに動いていた登場人物が最後一点に集まって大団円って、展開好きです。
    邦画だと、有頂天ホテルとか。
    グランドホテル形式っていうんですか。ぜひそのオリジナルも観たくなりました。

  • 2016/12/11

  • ストーリーは、ホント軽くってなんてことなかった。
    あ、スネイプ先生だ!と思った、アラン・リックマンの演技が結構よかった。
    Mr.ビーンの人もちょっとだけどデパートの店員役で出てきて、かなり面倒くさい人物を好演していた。
    それにしても、バカすぎる目的でイギリスからアメリカに渡った男の話は、映画だというレベルを超えてうまく行き過ぎ(笑)

  • 今でも一線級で活躍している俳優たちが大勢出ている恋愛オムニバス映画です。

    たくさんの話を平行して進めすぎていて、一つ一つはあまりに他愛もなさすぎるところは問題点だと思います。

    例えばボンクラのコリンのエピソードは
    モテたい→イギリス人には俺の魅力がわかんないからアメリカに行ってみよう→アメリカでモテモテ
    という現状を環境のせいにしているクズを甘やかすだけのいけ好かない話になっちゃってます。

    他にもラブシーン専門俳優の話なども「だからなんだよ!」と言わざるを得ませんでした。

    ただそれらをつなぐ老いぼれロックミュージシャンのキャラをビル・ナイが好演していてそこはすごく良かったですね。

  • 途中までは単調で話がゴロゴロかわるので、ついていけなかった。最後の15分は何故か涙が止まらなくなった。クリスマス前に見るのがおすすめ

  • No.7 / 2o16

  •  色々な人生模様。
     心理に問題を抱える私はこういったテーマは冷笑的に見てしまう。
     もし私がこの映画の世界に住んでいるとしたら、誰とも関わることなく一人で寂しく過ごしていることでしょう。
     面白いと思ったのは、映画の描き方の形式。
     グランドホテル方式というらしい。
     こういった群像劇、面白い。
     ウィキペディアでグランドホテル形式の映画のタイトルが幾つか挙げられている。
     片っ端から見ていってやろうかと思った。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20151207/p1

全13件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする