ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣 [東宝DVD名作セレクション]

監督 : 本多猪四郎 
出演 : 久保明  小林夕岐子  高橋厚子  土屋嘉男  斉藤宜丈 
  • 東宝 (2015年8月19日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104097583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  この作品についてはタイトルと怪獣だけは知っていました。
     私が子どもの頃は、怪獣映画とは、ウルトラマンやゴジラやガメラなどが怪獣と戦うプロレス感覚で見ていました。
     従って本作はウルトラマンもゴジラもガメラも登場しないのでつまらないと思っていました。
     しかし大人になった今、怪獣のプロレスよりも、人間が怪獣と戦うプロセスの方が面白く感じるようになりました。
     最近大当たりした『シン・ゴジラ』も、人間対怪獣の映画ではないでしょうか。見てないから知らんけど。


     先日『ミステリアス・アイランド』をレンタルしたのですが、アマゾンカスタマーレビューで本作に言及してる方がいたので、ついでにレンタルしてみました。
     84分のコンパクトな作品ながら、なかなか充実しています。
     人間が怪獣と戦うプロセスも面白いし、怪獣同士の戦いもあるし、宇宙人VS人間のドラマもあるし、盛沢山に特撮SFしています。私が見た怪獣映画の中ではトップレベルに入る面白さだったと思うのですが、一般的な評価はどんなものなのでしょうか。
     しかし子供の頃から不思議に思っていたのですが、なぜこの映画のポスターでカメーバがひっくり返っているのでしょうか。これじゃゲゾラに放り投げられているみたいだ。
     実際にカメーバが戦うのはガニメ(二代目)です。
     そして三大怪獣と銘打っていますが、ガニメは二体出てくるので、正しくは四大怪獣なのでした。


     作中、小畑誠(佐原健二)は上下白のスーツを着て登場します。
     黒や紺色が嫌いで明るい色が好きな私としては、白色のスーツを着てみたい気がします。しかし映画なんかでは、白のスーツを着た人は怖い人や悪役の人が多い気がします。何でなんでしょうか。
     しかし白のスーツは汚れが目立ちそうです。
     小畑誠も海中に放り出されたりジャングルでさ迷ったりしますが、最期まで白いスーツは汚れませんでした。そこら辺、宇宙の神秘です。
       http://sfkid.seesaa.net/article/455169854.html

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣 [東宝DVD名作セレクション]を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする