からくり探偵・百栗柿三郎 (実業之日本社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 実業之日本社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (199ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  余り期待はしていなかったけど、文章自体はしっかりして悪くないなと。合間に挟まれた今の状況が気になって、読み進める感覚です。おきる事件と謎解きは正直微妙でした。
     完結しているので続編が読みたいかと聞かれたら、もういいかな。

  • 非常に面白かった。
    大正時代という時代背景の珍しさはあるが、
    桃栗柿三郎のキャラは、ミステリーにはありがち。
    各章のオープンングは、柿三郎の発明品ネタから千代との掛け合いコントで
    幕開けとなるのだが、
    最終章にすべての伏線が結びついていくストーリー展開は心地よかっ
    ぜひアニメ化またはドラマ化に期待したい。特にテレビ朝日系、
    金曜ナイトドラマ枠あたりで放送しそうな感じ。

  • いまいちはまらなかった

全3件中 1 - 3件を表示

からくり探偵・百栗柿三郎 (実業之日本社文庫)のその他の作品

伽古屋圭市の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

からくり探偵・百栗柿三郎 (実業之日本社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

からくり探偵・百栗柿三郎 (実業之日本社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする