一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎単行本) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (66ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【103歳になってわかったこと】

    A.日々、違う。生きていることに、同じことの繰り返しはない。老いてなお、道なき道を手探りで進む。

    B.杭に結びつけた心のひもを切って、精神の自由を得る。自分の年齢を考えて、行動を決めたことはない。

    C.受け入れられるか、認められるかよりも行動したことに意義がある。人の成功を見届けてからの、後出しじゃんけんではつまらない。

    D.真正面だけではなく斜めからも見てみる。新たな魅力があるかもしれない。人と人の関係も、うしろからもよい、横からもよい。

    E.運命の前では、いかなる人も無力。だから、いつも謙虚でいる。どんなに愛する人でも、いつ奪われるかわからない。

  • 103歳になっても元気でしっかりしていて意欲もある著者。どんな生き方、考え方をしたらこんなふうに年を重ねていけるのか、知りたくて読んだ。
    人の評価をあまり気にせず、自分の感覚を大事にする、
    期待しすぎない、求めすぎない、
    など、参考になる言葉がたくさんあった。

全2件中 1 - 2件を表示

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎単行本)のその他の作品

篠田桃紅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎単行本)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

一〇三歳になってわかったこと 人生は一人でも面白い (幻冬舎単行本)を本棚に登録しているひと

ツイートする