宝石の国(4) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (8)
  • (8)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (198ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 今回の月人との戦いは壮絶なものになったが、先生の登場でいともあっさり収まった感じ。

  • しろ
    おすわり
    先生と月人について

  • 「しろ」との戦いと深まる先生の疑惑の巻。
    「しろ」との戦いは、変身するアレキちゃんに、孤軍奮闘するダイヤモンド、まさかの事態に思わず叫ぶボルツなど、見どころたっぷり。

    一方、先生と月人の関係は、怪しさを増すばかり。
    シンシャもアンタークチサイトも他のみんなも、それを胸にしまって戦っていた。
    ひとり、真相を探ろうとするフォスの進む道はいかに。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

投稿作『虫と歌』でアフタヌーン2006年夏の四季大賞受賞後、『星の恋人』でデビュー。初の作品集『虫と歌 市川春子作品集』が第14回手塚治虫文化賞 新生賞受賞。2作目の『25時のバカンス 市川春子作品集 2』がマンガ大賞2012の5位に選ばれる。両作品ともに、市川氏本人が単行本の装丁を手がけている。

「2020年 『宝石の国(11)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

市川春子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする