花とアリス殺人事件 [Blu-ray]

監督 : 岩井俊二 
出演 : 蒼井優  鈴木杏  勝地涼  黒木華  木村多江 
  • ポニーキャニオン (2015年8月12日発売)
3.74
  • (6)
  • (10)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 71
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013310087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても花とアリスだった。
    岩井さんが作りたかったのは長編アニメーションじゃなくて花とアリスだったんじゃないかな。
    観終わったとき、実写を見ていた気分になった。頭の中で勝手に映像を補完している。
    花とアリスを観たうえで観たほうがいい映画に感じると思う。

  • 背景が美しい。
    神奈川あたりに出かけたくなる。
    話は退屈だけど、読後感は悪くない。

  • 前作は何がいいのかわからなかった!けどこれは良かった!!!みかえしたいシーンが多々ある。

  • あの花とアリスのままだった!
    面白かった。

  • 予想以上に良かった。

    元来、人物に生き生きとした人格を吹き込むこと、瑞々しい青春を描くことにとても秀でた監督ですが、果たしてアニメーションにしてもその瑞々しさを出すことが出来るのだろうか?と多少の不安もありつつ観ました。
    しかしそんなのは開始すぐのバレエシーンで一気に吹っ飛びました。
    最初から岩井ワールド全開です。

    殺人事件と付いている題名ですが、サスペンス的要素があるわけではなく、そのプロット自体は不十分な気がしたのですが、それにも関わらず岩井監督ならではの素晴らしい演出力がその不足分を補うのに充分なくらい物を言います。
    観ていると映像と重なるように思い浮かぶ、自分の少女時代にあったような青春の1ページや、どのシーンを切り取っても生き生きとしている人物像の描き方には実写版同様に感銘を受けました。
    日本アニメーション業界は素晴らしいので、アニメーションとしてすごいというとすこし語弊が生じますが、岩井監督しか作れない映像を長編アニメーション初監督にしてここまでにして作り出したことはほんとに素晴らしい。
    「岩井俊二のアニメだったらこれでしょうね。」と言わざる得ないものがここにありました。

    前作の花とアリスが大好きだった人はきっと満足します。
    ただ、花とアリスの世界観が気に入らない人には向かないかもしれません。

    これから観る方は、是非とも前作の花とアリス実写版を観返して頂けると、今作とシンクロするシーンと沢山出てきて倍楽しめるはずです。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

映像作家。1963年1月24日仙台市生まれ。横浜国立大学卒業。主な作品に映画『Love Letter』『スワロウテイル』『四月物語』『リリイ・シュシュのすべて』『花とアリス』『ヴァンパイア』『花とアリス殺人事件』『リップヴァンウィンクルの花嫁』など。ドキュメンタリーに『市川崑物語』『少年たちは花火を横から見たかった』など。「花は咲く」の作詞も手がける。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする