朝が来る (文春e-book) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.33
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (223ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 特別養子縁組に纏わる親子と家族の物語。人というのは本当に色々なものに巻き込まれているのだと思った。ラストに射すほんの一筋の光がよい。ここで終わっていることが想像力をさらに掻き立てる。

  • 本の雑誌で2015年のおすすめだっていうので読む。図書館の予約は確実に1年待ち。という事で電書購入。2人の母の物語。子どもが幸せそうでよかった。

  • ネタバレ 望む者と、望まざる者と、与えられた「運命」の掛け違いによる不幸。 登場する女性キャラクターそれぞれの仄暗い「プライド」と、優位性争いと妬みの感情。 後半は救いが…という評もあるが、私にはそれ程『朝』を多く感じられ無かった。

  • 辻村さんの本は「ツナグ」に続いて2冊目
    子どもを授からなかった佐都子と中学生で子どもができてしまったひかり
    ひかりの子どもは特別養子縁組制度により佐都子のもとに託され朝斗と名付けられ幸せな人生をおくっていた。
    一方、子どもを手放したひかりは成長期の不安定な感情に

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1980年山梨県生まれ。
千葉大学教育学部卒業後、2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビュー。
2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞、2017年『かがみの孤城』で「ダ・ヴィンチ ブックオブザイヤー」1位、王様のブランチBOOK大賞、啓文堂書店文芸書大賞をそれぞれ受賞。本屋大賞ノミネート作も数多く、2018年に『かがみの孤城』で第15回本屋大賞の大賞を受賞した。
他の代表作に『子どもたちは夜と遊ぶ』『凍りのくじら』『ぼくのメジャースプーン』『スロウハイツの神様』『名前探しの放課後』『ハケンアニメ!』『朝が来る』など。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、幅広い読者からの熱い支持を得ている。

朝が来る (文春e-book)のその他の作品

朝が来る 単行本 朝が来る 辻村深月

辻村深月の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする