アオハライド 全13巻完結セット コミック(マーガレットコミックス)

著者 : 咲坂伊緒
  • 集英社 (2015年5月25日発売)
3.63
  • (3)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :122
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・マンガ

アオハライド 全13巻完結セット コミック(マーガレットコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一気にまとめ読み。

    良かったよ~何だかサイアクなことにならなくて。
    何となく某漫画を思い出したのは、私の気のせいかな。

    とにかく主人公が好感度高くて、幸せになってくれて良かったよ。

  • 一気読み。ちょっとじれったすぎた。冬馬くんのほうが好きかも。

  • 青春の一ページであるべきの高校生活が男子校であるというのは最早犯罪的とも言えるのではないか。女子との甘酸っぱい会話や、なんとなく素直になれない的な何気ない日常も、その全てを体験できなかったなんて。教室のロッカーの上に薔薇族が置いてあったなんて。
    まぁそんなこんなで男子校も女子高も全て潰して共学にすれば少子化なんてなくなるよね。もしくは現実を知るか、どっちかだよね。
    とは言え青春の一ページに共感できなくてもそのストーリーは楽しめるのである。まぁある種のファンタジーとして読めば良いわけよね。
    てか今どきの高校生は普通にキスなんかしちゃうのか。これは問題ですよ、早速倫理委員会に申し立てしないと。だってあなた、これは略奪愛ですよ。不倫だよ、不倫。こんな事やったら今なら週刊誌にあっという間に取り上げられて大変な事になるのに。あ、結婚してないからOKですね。これ読んで共感する女子って。怖いさ。

  • アニメで見たときはキラキラ眩しすぎて序盤で断念しちゃったけど、機会があって今回一気読み。
    双葉には、序盤のわざとガサツに振る舞うとか全く好感持てないし自分の気持ちをなかなか言わない所とかイライラしちゃったけど、途中からは洸にイライラして、まぁとにかくハッキリしないのにイチャコラしてるメインの二人にはずっとヤキモキさせられてたわけです。
    それに引き換え、友人達&当て馬&当て馬の友人達の素晴しさ。
    一番最後にストロボエッジの番外編。やっぱり最後は本編の描きおろし1ページだけでもとにかくアオハライドで締め括ってくれればいいのに他のマンガって…

  • これは面白い!夏休み前に娘の漫画本を色々読みました。これが一番良かったのでこれだけ記録しときます。はーいいなー高校生(笑)ちなみに実写の洸はやまけんでお願いします(東出はないわー)

  • 最初面白かったけど、ラストイマイチ!

  • 映画(DVD)からの流れ、カミさんが全巻レンタルしてきたおかげで一気読みした。原作を読んで、映画の作りというかストーリー選択がなかなか良かったことに改めて気づかされる。
    「アオハルはいつだって失敗する」洸の失敗のお話しだったと確認させられた。それでも、自分を見つめ、自分らしさに向き合おうとし、周囲の想いにもきづいていく、いいよねぇ青春って。
    亜耶のエピソードをちゃんと読めて満足感高し。
    16-32

  • 思ったよりグッときた。友達にどう思われるか周りの目を気にしてウジウジ考えている所とか、重ねるところがあった。コレが人気って、世の人は皆通った道なのかも。

全10件中 1 - 10件を表示

アオハライド 全13巻完結セット コミック(マーガレットコミックス)のその他の作品

咲坂伊緒の作品

アオハライド 全13巻完結セット コミック(マーガレットコミックス)はこんなマンガです

ツイートする