ダイバージェント [DVD]

監督 : ニール・バーガー 
出演 : シャイリーン・ウッドリー  テオ・ジェームズ  アシュレイ・ジャッド  レイ・スティーヴンソン  マギー・Q 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年7月17日発売)
3.04
  • (1)
  • (5)
  • (14)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 69
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111291912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • TV放送

  •  文明崩壊後の街で人々はそれぞれの特性に合わせ五つの属性に分かれて住んでいた。少女は適正を決める日に、何の属性にもならない異端者(ダイバージェント)であることが分かり。。。

     設定は面白いと思ったのにそれを活かしきれていない印象。もっと色々な属性がはっきり出てたら面白かったが、ハンガー・ゲームの二番煎じっぽく見えてしまった。。。

  • こういう女性が強いお話は大好き。世渡りを覚え、生き抜いていく。かっこよかったなー

  • なんの情報もなく見始め、最初は面白そうな雰囲気を醸し出すものの、ダラダラダラダラなにが言いたいのか分からずに、急に洗脳されはじめて格闘しはじめて、いつの間にかハッピーエンド。
    いろいろ収集つかない映画でした。

    可愛い女性の戦闘シーンはとても好き。
    フォーもイケメン。

  • 近未来シカゴが舞台のおはなし。カテゴリー分けされて住んでいる人々の中で「分類不能」とされる主人公たちの社会との闘い、という荒唐無稽系の話。主演のシャイリーン・ウッドリーがすごい美人ってわけではないんだけど彼女の成長を見守ろう、気分で見ていると見ていられる。シカゴに向かう飛行機の中で見た。

  • アクション場面がどんな風になっているか興味があったので、見た。基本アクションの連続なので、あまり考えずに楽しめる映画。Fourがイメージ違ったけれど、イケメンで満足。

  • 2016.7.26 視聴

  • 「家族」というコミュニティよりも
    「派閥」というコミュニティを重要視した未来の話。

    一人の人間に多くの感情や趣向を認めるよりも、
    ひとつ特性に特化した「派閥」を形成し、
    世界を成立させようとする設定が絶妙。

    はじめは反乱因子であるどこにも属さない
    「ダイバージェント」の革命になるかと思ったら、
    想像以上の人間ドラマと葛藤が描かれていて、
    設定以上にドラマティックな展開が凄かった!

    続編もあるようなので、
    続きも是非チェックしたいところ。

  • ニール・バーガー監督の作品は始めて拝見。

    少しゲームっぽいお話だなぁと感じました。他の方の評価もみてみましたが、今のところはよくないようですね。

    TVドラマで活躍している役者さんをみつけ、それをちょっと楽しんでおりました。

  • 電車が気になった。勇敢は飛び乗るけど、途中で飛び降りる。自由そうだけど、結局は範囲内で動いている。主人公はラストで電車に乗っていた。果たして行き先はどこなのか?

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする