黄昏の百合の骨 (講談社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (232ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「麦の海に〜」の理瀬とは全然違う女だった。これはこれで魅力的なキャラクターだった。雅雪にも好感がもてた。心理戦の要素が強くて、ラストは息を飲む展開だった。次の作品が楽しみ。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

恩田 陸(おんだ りく)
1964年、青森市生まれ。幼少期は名古屋、長野、富山、仙台などを転々とする。高校時代は茨城県水戸市に在住。水戸第一高校を卒業し、早稲田大学進学・卒業。
1991年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2004年刊行『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞及び第2回本屋大賞、2007年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。
2017年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞と第14回本屋大賞を受賞した。同作品による直木賞・本屋大賞のW受賞、そして同作家2度目の本屋大賞受賞は史上初。大変大きな話題となり、代表作の一つに挙げられるようになった。

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)のその他の作品

恩田陸の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

黄昏の百合の骨 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする