透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~(1) (Kissコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.20
  • (22)
  • (18)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 175
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (178ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵や文面の軽さに反して、なかなかヘビーな内容。
    それぞれの話に涙しながら読みました。
    不倫の末に生まれた田中さんの赤ちゃん
    虐待死ではないことを信じたい。

  • いい。
    うん、いいね。
    命が誕生する場でのリアルな話。
    死因第1位…、
    知っておくほうがいいよね。

  • シュール

  • リアルなえぐさと優しさがある様に思う。

  • 見習い看護師の目を通してみた産婦人科の出来事を読むと感じるのは、妊娠という行為の責任をとかく妊婦である女性がなんだかんだ結局はひとり抱え込んでいる、という事実。新たな生命を生み出していくという行為を、周囲の人々を代表して行っていると考えれば、周囲全体が負うべき責任なのに、たった一人の「経験に乏しい」女性が結局は一人悩んでいる姿にたどり着く。そしてこんなにも「望まれない命」というような身勝手な事情が多いのか、という事実。「病気じゃない」「誰だってふつうにしていること」という昔ながらの価値観が、これだけ少子化の時代になっていて少しも「ふつうのことでない」のにまかり通っている不思議。まだまだ社会は妊娠・出産に対しての認識が甘いということに気づかされる。

  • 「×華ちゃん。90年代の日本の3大死亡原因って知ってる〜…大事なことだから覚えるように。本当の第1位は
    アウス(人口妊娠中絶)だから」
    作者が高校時代の夏休み准看護師見習いとして産婦人科でアルバイトしていたときの話を元にした漫画。
    人の性と生と死と業?を感じる。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

沖田 ×華(おきた ばっか)
1979年、富山県生まれの漫画家、女性。富山県立新川女子高校卒業後、。ペンネームは「起きたばっかり」に由来。
小学校の時に学習障害、注意欠陥多動性障害、そして中学生の頃にアスペルガー症候群と診断される。そのためか同級生からいじめ、教師からの体罰が続く学生時代を送った(自身の障害については、成人後SNSを通じて認めることができた)。高校卒業後に看護師の資格を取り職についたが、自殺未遂を起こす。看護師を辞め、ソープランド以外の様々な風俗店で働いた。
風俗店の待機室にあった実話誌をきっかけに漫画家・桜井トシフミに心酔、ファンレターを送って交流が始まり、絵が個性的だと褒められたことをきっかけに『漫画アクション』新人賞に応募、選外奨励賞を獲得。26歳で漫画家デビュー。
2018年、『透明なゆりかご』で第42回講談社漫画賞少女部門を受賞。同年、テレビドラマ化した。その他代表作に、『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』『ニトロちゃん みんなと違う、発達障害の私』など。

透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~(1) (Kissコミックス)のその他の作品

透明なゆりかご(1) (KC KISS) コミック 透明なゆりかご(1) (KC KISS) 沖田×華

沖田×華の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

透明なゆりかご~産婦人科医院看護師見習い日記~(1) (Kissコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする