男しか行けない場所に女が行ってきました [Kindle]

著者 :
  • イースト・プレス
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (185ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前半が面白かった。この世界は広く深い。

  • 男性中心の世界で女性の性も男性視点で作られたものというのは共感ができる。
    ただ筆者の方は、あまり男性に女性扱いを受けられなかった環境から男性に対して憎しみを抱いているように感じるし、風俗を提供する女性に対しても尊敬だけでなく軽蔑を抱いているところから、綺麗な女性への僻みみたいなものを感じてしまう。
    男性へのエロ提供は、一般的な人が好むであろう(売れる)ものとして作られてるだけで、全員が全員、そういった考えを持っているとは考えられないと思うので、考えに偏りがあるかなとも思った。
    ただし筆者の選ぶ言葉のセンスは秀逸さがあり面白かった。

  • 内容はまあまあだが、文章はうまいしおもしろい。AKB48の寸評はさすが。

  • 意外と考えさせられた。なぜ、男性の風俗があり、女性用がないのか、著者がメンションしているわけではないが、男性原理女性原理に基づいて、いろいろ考えさせられる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1978年東京都生まれ。漫画家、ライター。2001年第3回アックスマンガ新人賞佳作受賞。2005年より男性向けエロ本、実話系雑誌、スポーツ新聞の風俗欄で連載を持つ。10年より「ラブピースクラブ」などの女性向けWEBサイトで連載を持ち、意識が完全にフェミニズムへシフトする。母からの過干渉の苦しみと葛藤を描いたコミックエッセイ『母がしんどい』(KADOKAWA/中経出版)を12年に刊行、ベストセラーに。他の著書に、男性中心社会における女性の苦しみにピントを当てた『ママだって、人間』(河出書房新社)、『他人のセックスを見ながら考えた』(ちくま文庫)など多数。

「2019年 『エトセトラVOL.1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

男しか行けない場所に女が行ってきましたのその他の作品

男しか行けない場所に女が行ってきました 単行本(ソフトカバー) 男しか行けない場所に女が行ってきました 田房永子

田房永子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする