母の友 2015年8月号

制作 : 死後くん  100%ORANGE  塩川 いづみ  竜田 麻衣  しんや ゆうこ  井上 文香  木内 達朗  堀川 真  しりあがり寿  クリハラタカシ  正一  佐々木 愛  棚橋 亜左子  検見崎 聡美  ダンノマリコ  工藤 直子  パトリック・ツァイ  キッチンミノル  亀山 亮  山本 尚明  日置 武晴 
  • 福音館書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910075110855

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みんな大好きうわさ…うわさはあまり好きじゃないなぁ、と思っていたけれど、自覚しないままうわさを流す側になっているんだなぁとハッとする。そして、知らず知らず流されている自分も。ネットに限らず、これは本当か、と自分で考えるのが大切だなと改めて感じた。ネットは口伝えの噂と違い、残る。というのはなるほど、注意が必要だと思った。子供が大きくなったらこういうことを一緒に話してみたいな。

    うわさの素ふあん…ふあんが強い人ほど、うわさ話に積極的になる。なるほどなぁ。不安な時ほど何かを誰かと共有したくなるものね。グループから弾かれてうわさの対象になってしまう、ママ友の話はすごく身近なテーマ。解決策は離れることだけど、うわさはこの世からなくならない。ならば、仲良く付き合う術を身に付けたい。イジメにも通ずるものがあるんだろうな。考えさせられた。

    たぶん、なんとかなるでしょう…おばけと子供について。本気で怖がるダイちゃんとブンちゃん。可愛いなぁ&自分もそうだったなぁと懐かしむ。

    体のはなし…カンを養うこと。子供のことや天気なんかも。時には携帯や知識を捨てて体に備わった生物としての力も使ってみなきゃな。

  • 気になりつつ読んだことのなかった「母の友」。
    開いてみると読みやすく、さらっと読めてしまった。
    河合雅雄さんと斎藤惇夫さんの「自然、子ども、物語」がよかったです。
    宮沢賢治の本が読みたくなりました。
    それから噂についての特集もおもしろかったです。

  • 井上洋介さんのインタビューをしみじみ読む。
    大野更紗、天谷保子、堀川真の連載がどれもよかった。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

東 直子(1963年生まれ)。歌人、小説家、脚本家。主な著書に『とりつくしま』 『薬屋のタバサ』 『らいほうさんの場所』 『甘い水』 『私のミトンさん』 『キオスクのキリオ』 『いつか来た町』 『いとの森の家』など多数。共著に 『回転ドアは、順番に』穂村弘共著 『短歌があるじゃないか。 一億人の短歌入門』 穂村弘、沢田康彦 角川書店など多数。2009年よりNHK短歌選者、2011年より歌壇賞、2014年より角川短歌賞選考委員。近刊に『薬屋のタバサ』など。

「2018年 『晴れ女の耳 紀ノ国奇譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

東直子の作品

母の友 2015年8月号を本棚に登録しているひと

ツイートする