プリンセスメゾン(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 小学館
3.89
  • (6)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これが有名になった当時。絵のタッチのゆるさに読み進められなかった。時が過ぎて5巻まで出てたから読んでみたの、2巻。話が進んでて、概要がよくわかって、それからはどんどん読めた。

    女性が家を買う。そんなことって考えたこともなかった。そんな発想は自分には無縁だと。珍しい視点がおもしろいし、未来に希望が持てそうな作品だから、しあわせ、分けてもらえる感じがする。周りのひとらも優しくて、羨ましいなぁって思った。

  • 面白かった! ドラマとほぼ設定一緒で淡々とした世界観も同じ。制約ある中で納得するものを探すのって大変だ〜(⌒-⌒; ) 売る方と買う方がお互い誠実に対応したら、いい結果が出るのかな? 出てほしいなー。

  • 独身女性がマンションを買うことはそんなに特別なことなのか?「努力すればできるかもしれないこと、できないって想像だけで決めつけて、やってみもせずに勝手に卑屈になっちゃだめだよ。」主人公の沼越さんは親兄弟おらず希薄な親族関係のみの独身女性。マンションの内覧会では浮いてしまう普通のおばさん。彼女がなぜマンションを買おうとしてるのか。「大きい夢なんかじゃありません。自分次第で手に届く目標です。家を買うのに、自分以外の誰の心もいらないんですから。」小さいながらに大きなパワーをひめた沼ちゃんにひっそりとエールを送りたい。

  • もっと早く20代の時に読みたかった・・・!

  • ほのぼのとする。好き。

  • わーん
    みんな(何気なく)がんばって生きてるんだなあと思ったらジーンとた

    身の丈にあった物件回での要さんのやさしさとか、ファミリー向け物件回での阿久津さんの素直さとかから伝わる、ふとした素振りに救われることや、シーンごとの静けさや暖かさになんだかものすごくジーンとしてしまった

全6件中 1 - 6件を表示

プリンセスメゾン(1) (ビッグコミックス)のその他の作品

池辺葵の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする