限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫) [Kindle]

著者 :
  • イースト・プレス
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (295ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • Kindle版読了。

    浪費家の兄の所為で借金の形に娼館に売られた18歳子爵令嬢ヒロインと、赤子だったヒロインに心を奪われ、彼女との結婚を夢見てきた残念系38歳侯爵ヒーローとの年齢差カップルのすれ違いラブストーリーです。

    『強面騎士は心配性』が面白かったので、こちらも読んでみる事にしました。

    ヒロインとヒーローは、年齢差20歳のカップルです。
    ヒーローは隣国との長い戦争に船を率いて海戦で勝利を収めた、国王の覚えもめでたい国の英雄です。
    しかし、趣味はポエムや刺繍だったり、赤子のヒロインに一目惚れしてから、いつかヒロインと結婚する事を夢見て暇さえあれば妄想して生きてきたという、かなりの残念系ヒーローです(笑)。

    『強面騎士は心配性』でも思いましたが、この作者さんの描くHシーンは濃厚ではなく、どちらかというとさらっとしていると思います。
    その為、読み終えてからHシーンを思い出そうとしても、特に印象に残っておらず思い出せませんでした…。
    ストーリーやキャラが面白いので問題はないのですが、折角のTL小説なので本音を言うと少し残念ではあります。

    余談ですが、38歳のヒーローを部下が「おやっさん」呼びするのは、愛称といえど少し哀しくなりました(笑)。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2012年作家デビュー。乙女ゲームの脚本や『残酷王の不器用な溺愛』(ソーニャ文庫)をはじめ、キャラクターの魅力が生き生きと描かれた作品で好評を博す。思わず吹き出してしまう会話劇や、主人公たちがストーリーを経て成長していく様子がコミカルに描かれ、読者を惹きつけてやまない。

「2020年 『こちら黒宮警備、オカルト対策班』 で使われていた紹介文から引用しています。」

八巻にのはの作品

限界突破の溺愛 (ソーニャ文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×